ドラゴンクエスト 初の超大型ショー
2016.2.17 21:11

第1作の発売から30周年を迎えた国民的RPG「ドラゴンクエスト」。そのゲームの世界観を再現した観客参加型ライブエンターテインメント『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』が今夏に、「大阪城ホール」で行われる。

勇者とトルネコはオーディションで決定。応募締切は2月29日なので、我こそは!という人は応募してみては
勇者とトルネコはオーディションで決定。応募締切は2月29日なので、我こそは!という人は応募してみては画像一覧

このライブでは、トップパフォーマーによるアクロバティックなパフォーマンス、全国の強豪マーチングバンドが演奏するすぎやまこういち氏の音楽、ゲームそのままの衣装、最先端の映像技術が融合し、ドラゴンクエストの世界観を再現。物語のベースとなるのは、1988年の発売日に長蛇の列ができるほどの社会現象となった第3作。第1作につながる勇者ロトの誕生を描いたこの作品を、ショーで表現する。第4作登場のパノンや第8作登場の元山賊・ヤンガスなど、これまでの主人公や人気キャラクターも続々登場。

お姫様のアリーナ役には中川翔子、剣士のテリー役には風間俊介が決定しており、中川は「美しく気高いアリーナ姫を演じるには、果てしない努力が必要ですが、絶対に素晴らしいショーにしたいと思います」、風間は「孤高の剣士、テリーは素早さが魅力のキャラクターなので、ステージ上で華麗に走り回ります」とコメントしている。また、出てほしいキャラクターやモンスターを公式サイトで投票できるので、マーニャやビアンカ、はぐれメタルやさまようよろい、あやしいかげ・・・など、プレイしたことのある人ならお馴染みのキャラやモンスターが登場するかも。

演出は、大型テーマパークでの数々のショーやB’zのライブなどを手掛ける金谷かほり、またステージデザインは、北京五輪の開会式やレディー・ガガ、ワンダイレクションのライブを手掛けるレイ・ウィンクラーが担当。全国5大アリーナ、観客動員数40万人、総製作費30億円という大規模ライブショーとなる。ファミリーコンピューターの第1作(1986年)からはじまり、現在はWiiUの第10作(2012年)と長年人々をわくわくさせ続けている作品だけに、ライブツアーにも期待が高まる。

『ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー』

日程:2016年8月18日(木)〜22日(月)
時間:18日=18:30〜、19〜21日=11:00〜/15:00〜、22日=11:00〜
会場:大阪城ホール(大阪市中央区大阪城3-1)
料金:S席=大人9,500円、子ども(3歳〜小学生)7,500円
   A席=大人7,500円、子ども(3歳〜小学生)5,500円
※S席のチケットに「ちいさなメダル」5個がセットとなる先行限定プレミアムチケットあり
※2016年4月23日(土)発売
※機材やステージ、客席の構造等により、舞台の一部が見えにくい場合あり
電話:0570-200-883(全日10:00~18:00)
URL:http://www.kyodo-osaka.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。