いくえみ綾監修、胸きゅんチョコ
2016.2.5 18:59

女子に絶大なる支持を得る漫画家・いくえみ綾が監修する「なんだか恋がしたくなるチョコ」がそごう神戸店(神戸市中央区)をはじめ、全国の西武・そごう全24店舗のバレンタイン会場と洋菓子売場、同社のショッピングサイト「e.デパート」で限定販売される。

日本全店で2000個限定のチョコとなる、9個入り1,944円。(C)いくえみ綾/集英社 (C)いくえみ綾/ホーム社
全国の西武・そごうで2000個限定のチョコとなる、9個入り1,944円。
(C)いくえみ綾/集英社 (C)いくえみ綾/ホーム社
画像一覧

1979年デビュー以来、『I LOVE HER』、『バラ色の明日』、映画化された『潔く柔く』など次々と単なる恋愛マンガに留まらない名作を次々と生み出したいくえみ綾。作品に登場するのは、時代時代に呼応するような、胸をきゅんっとさせる魅力的な男子たち。今や総称して「いくえみ男子」と呼ばれるほどになっている。そして、忘れてはならないのが、作品のあとがき漫画に描くほどのいくえみ綾のチョコレート好き。

今回はそんな縁もあって、南青山にあるパティスリー「アニバーサリー」と西武・そごうによるオリジナルブランド「ボン+ボンヌ アニバーサリー」が、いくえみ男子をイメージしたフレーバーのチョコを手掛けることに。『潔く柔く』の小峰清正であれば、「バランスのとれた柔軟な性格で周りを癒やすカレは、ほっとさせるミルクティー味」、『プリンシバル』の桜井和央であれば「いつも笑顔でファンが多いカレは、みんなに愛されるハチミツ味」と、キャラクターが反映されたセットとなっている。

『潔く柔く』に登場する古屋寿(イラスト)、梶間洋希、『太陽が見ている(かもしれないから)』廣瀬楡のチョコも
『潔く柔く』に登場する古屋寿(イラスト)、梶間洋希、『太陽が見ている(かもしれないから)』廣瀬楡のチョコも画像一覧

今年は2月13・14日が週末のため、義理チョコではなく、自分チョコやトモチョコを買う女子が多いことが見込まれるが、そんな中、2月13日発売となるチョコは、まさに女子のためのチョコとなる(会場によって販売日が異なる)。9個入1,944円。

「いくえみ男子 なんだか恋がしたくなるチョコ」

期間:2月13日(土)・14日(日)限定販売
時間:10:00〜20:00
場所:そごう神戸店本館9階 催会場(神戸市中央区小野柄通8-1-8)
電話:078-221-4181
URL:https://www.sogo-seibu.jp/kobe/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。