あぶデカ、大阪で最後の舞台挨拶
2016.2.1 16:11

映画『さらば あぶない刑事』の舞台挨拶が1月31日、大阪「梅田ブルク7」で行われ、鷹山役の舘ひろしと大下役の柴田恭兵が揃って登場。2人が並んでの舞台挨拶は、これで最後となるだけに、多くの「あぶデカ」ファンが集まった。

全国最後の舞台挨拶を大阪で行った舘ひろしと柴田恭兵
全国最後の舞台挨拶を大阪で行った舘ひろしと柴田恭兵画像一覧

上映後の舞台挨拶では、興奮冷めやらぬ観客の前にタカ&ユージが登壇。司会の「大阪の女性はどういった印象ですか?」という問いかけに、舘が「昔、大阪の女性に恋をした。振られたけど・・・『すっきゃねん』という言葉が好きです」と答えると、観客席にいた女性ファンからは「めっちゃすっきゃねーん!」と速攻でレスポンス。舘は「ありがとう」と恥ずかしながらクールに微笑んだ。

「実物はもっとかっこいいと伝えてください」と語った柴田恭兵
「実物はもっとかっこいいと伝えてください」と語った柴田恭兵画像一覧

さらに、柴田が「この映画は95%の人がかっこいいと思ってくれたようで。残りの5%は・・・超かっこいい!と思ってくれた。実物はもっとかっこいいと伝えてください」とコメントすると、場内はさらに熱狂に包まれ、直筆サイン入りポスターがもらえるサプライズの「じゃんけん大会」では、涙を流して喜ぶファンも。2人は「とてもいい作品を作ることができた。本当に30年間ありがとうございました」と締めくくった。

舞台挨拶の最後は観客と記念撮影
舞台挨拶の最後は観客と記念撮影画像一覧

1月30日に公開され、土日2日間の動員が22万人とシリーズ最高の絶好調スタートを切った本作。また、「梅田ブルク7」があるイーマビル1階の特設会場では、歴代劇場作品ポスターなどの特別展示も実施(2月26日まで)。この日もたくさんのファンが訪れ、タカとユージの立体造形やパネルの展示を前に記念写真を撮影していた。

取材・文・写真/岡田由佳子

映画『さらば あぶない刑事』

2016年1月30日(土)公開
監督:村川透
出演:舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、中村トオル、ほか
配給:東映
© 2016「さらば あぶない刑事」製作委員会
URL:http://www.abu-deka.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。