うめだ阪急で「チョコレート博覧会」
2016.1.29 23:37

2016年のバレンタイン、阪急うめだ本店は、ずばりカカオ押し! チョコレートの魅力を原料のカカオ豆から探っていく、カカオワールドを展開している。

カカオワールドへのエントランス。ビター、ミルク、ナッツ&クランチ、フルーツなど、タイプ別にタブレットを選ぶこともできる
カカオワールドへのエントランス。ビター、ミルク、ナッツ&クランチ、フルーツなど、タイプ別にタブレットを選ぶこともできる画像一覧

9階の祝祭広場では、徹底してカカオにこだわる5人の作り手を紹介。いち早くフェアトレードのチョコレートを取り入れた、横浜のバニラビーンズの店主、八木克尚さんのブースは、早くも長蛇の列ができていた。ちなみにこのコーナーでは、作り手の1人、小山進さんのブランド、エスコヤマの限定ソフトクリームをいただけるのでお見逃しなく。

うめだギャラリーでは、ビーンズ・トゥ・バーを徹底して紹介。カカオ豆の知識も織り交ぜながら、ブランド別、カカオ豆の味わい別にタブレットを紹介するなど、学べる構成になっている。

また、会場には、ベトナムのカカオに惚れ込んで移住したフランス人のブランド「マルゥ」がカカオを収穫するときの小さな車を展示。マルゥが誕生するまでを収めたムービーを上映するなど、楽しめる内容に。

阪急が世界で注目する8つのビーンズ・トゥ・バーのブランドのひとつ「マルゥ」
阪急が世界で注目する8つのビーンズ・トゥ・バーのブランドのひとつ「マルゥ」画像一覧

催場では、いま注目したい「カカオトリー」も紹介。カカオの産地と強く結びつき、その品質を見極めて、カカオ豆の加工から自社で行い、ほかにはないチョコレートを生み出すブランドだ。

いま注目の5つのカカオトリー。写真はニューヨーク・ブルックリンで誕生したFINE&RAW chocolate(ファイン&ロウ チョコレート)。砂糖や乳製品を使わず、カカオ本来のフレーバーを引き出す
いま注目の5つのカカオトリー。写真はニューヨーク・ブルックリンで誕生したFINE&RAW chocolate(ファイン&ロウ チョコレート)。砂糖や乳製品を使わず、カカオ本来のフレーバーを引き出す画像一覧

会場フロアのカフェでは出店ブランドの期間限定メニューをイートインできるほか、ソフトクリームやマカロンアイスなど、その場で食べられる限定メニューも多数。買うだけではない楽しみがたくさんある、まさに「チョコレート博覧会」となっている。

エスコヤマの限定味、セピア色のミルクチョコレートソフト486円。ホワイトチョコを練り込んだソフトクリームに、ドライベリーの酸味がアクセントになった香ばしいキャラメルソースがかかっている
エスコヤマの限定味、セピア色のミルクチョコレートソフト486円。ホワイトチョコを練り込んだソフトクリームに、ドライベリーの酸味がアクセントになった香ばしいキャラメルソースがかかっている画像一覧

『チョコレート博覧会』

期間:2016年1月27日(水)〜2月14日(日)
会場:阪急うめだ本店9階
時間:10:00〜20:00(金・土曜、2/8〜13は〜21:00)
電話:06-6361-1381
URL:http://www.hankyu-dept.co.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。