橋本愛と坂口健太郎 「残穢」で初共演
2016.1.29 18:15

橋本愛と坂口健太郎 「残穢」で初共演

とあるマンションの一室。誰もいないはずの和室から、ときおり聞こえる、畳を擦るような音・・・。ホラー小説を連載する「私」に届いた投書をきっかけに、「穢れ(けがれ=不浄)」の連鎖を遡る映画『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』が、いよいよ1月30日に解禁される。

取材・文/hime 写真/渡邉一生

「脚本の展開に引き込まれた」と口を揃えるのは、初共演を果たした橋本愛と坂口健太郎だ。真相に辿り着いたかと思えば、またひとつ深い次元へと掘り下げられていく、底なし沼のような構造の脚本。メガホンをとるのは、『ゴールデンスランバー』、『白ゆき姫殺人事件』をはじめ、ミステリー小説の実写化に定評のある中村義洋監督だ。

橋本演じるのは、主人公の小説家「私」(竹内結子)が心霊現象の調査をするきっかけとなった女子大生「久保さん」役。連続テレビ小説『あまちゃん』をはじめ、映画『桐島、部活やめるってよ』『寄生獣』など、弱冠20歳にして出演作は多数。その懐の深い演技力で映画界からひっぱりだこの彼女だが、今作注目したいのはその「静けさ」。衝撃的な心霊現象に取り乱すことなく、あえて動じないことで観客を不安のなかに静かに導いていく。

女子大生役を演じた橋本愛
女子大生役を演じた橋本愛画像一覧

「実は脚本には、久保さんのキャラクターを方向づける場面って、ひとつも出てこないんです。私の役は、監督から『かなりトーンダウンさせた』と聞いていたので、真意はわからないですけど、そういう演出的意図はあったと思います。一番意識したのは、個性を出し過ぎないこと。私は物語のコマを進めていくための『ドライバー(運転手)』として求められているんだなと思って、画づくりに徹しました。その場をより恐くするためにはどうしたらいいか、監督とひとつひとつ絶妙の『間』を探りながら、0.1秒単位でタイミングを調整して。ホントにわずかな『間』の見極めで、怖さがまったく変わりますから。そういう緻密な効果を狙ったやりとりが多かった現場でしたね」(橋本)。

一方、筋金入りの心霊マニア・三澤を演じた坂口は、今回の役柄を知ったとき、「好奇心に満ちた能動的な役はこれまで演じた事がなかったので、驚いた」という。近作2本『ヒロイン失格』『俺物語!!』でのイケメン高校生役とは打って変わり、今作では心霊マニアという風変わりな人物を演じている。

心霊マニアの三澤を演じた坂口健太郎
心霊マニアの三澤を演じた坂口健太郎画像一覧

「世間的にはそういうイメージで固定されちゃったかもしれないですね。でも、高校生に見えるかどうかは、学生服という絶対的なアイテムの力も大きいんで(笑)。僕はホラーが苦手で、今回の三澤くんのように『霊が大好き!』と思った事は一度もないんですよ。だから、まずはそういう感情を知らなきゃと、想像するところから始めました。霊に会って喜ぶって、普通に考えればちょっと奇妙なヤツですが、本人にとっては霊も日常。そんなに特別な事ではないんだなと、作品のなかで異質にならないように『奇妙さ』は控えめで演じましたね」(坂口)

観賞後は、脳裏に焼き付けられたシーンの端々が、ふとした瞬間に思い出されては、背筋をゾッと冷たくする本作。お化けが苦手という坂口は「撮影期間中はいつもより過敏になって、家でも何気ない音にビクっとしたりしていた」と苦笑いだが、対する橋本は「霊感ゼロなので、全然大丈夫でした。家に帰ったら、撮影現場の事はすべて忘れちゃいます。それに撮影中は画づくりに精一杯で、霊の存在に気を配る余裕もなかったですし(笑)」と涼しい顔を見せていた。

ちなみに撮影中には、セットの掛け時計が突然落ちるというハプニングが起きたそうで、現場は一瞬凍りついたという。「ただの偶然だと思いますけどね(笑)。あとは監督が『編集中にいろいろ見つけてしまった・・・』と話してましたけれど、実際のところどうなんでしょうか。そのあたりはぜひ劇場でご確認ください(笑)」(坂口)。

橋本愛と坂口健太郎
橋本愛と坂口健太郎画像一覧

映画『残穢【ざんえ】‐住んではいけない部屋‐』

2016年1月30日(土)公開
監督:中村義洋
出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、ほか
配給:松竹
大阪ステーションシティシネマほかで上映
© 2016「残穢 住んではいけない部屋」製作委員会
URL:http://zang-e.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。