新大阪発、日帰りで行くふぐツアー
2016.1.18 21:02

今年で15年目を迎える人気の日帰りツアー、JR西日本の駅長おすすめ駅プラン「関門ふくフク三昧」。下関は近年式捕鯨の発祥地と言われ、ふく(下関ではふぐは、ふくと呼ぶ)以外にくじらも名物。また、あんこうの水揚げ量日本一も誇ります。この2つの味わいを加えたプランが新しく登場し、ツアーを体験してきました。

JR新下関駅までは新幹線さくらで2時間15分。おうかがいしたのは下関の料亭・旅館みもすそ川別館。美人の女将さんがお出迎えで、座敷のテーブル席へ。

下関にあるみもすそ川別館は、地の魚を下関の伝統的な料理法で調理する料理旅館
下関にある、みもすそ川別館は、地の魚を下関の伝統的な料理法で調理する料理旅館画像一覧

大阪のふぐは、てっちり(鍋)がメインになるけれど、こちらは美しく盛られたふく刺しがメイン。お皿に透けた身も美しく、見とれます。ネギや湯引きの皮をてっさの身でくるりと巻いていただきます。

有田焼の美しいお皿に、ぷりっぷりのふく刺しが盛られます
有田焼の美しいお皿に、ぷりっぷりのふく刺しが盛られます画像一覧

今回のプランで新登場したくじらは前菜で登場。かみしめるほどに、口の中で味わいが深まります。これに、とらふくの茶碗蒸し、ふく黄味煮と季節野菜の炊き合わせ、くじら竜田揚げ、とらふくちり鍋、とらふく雑炊、豆乳プリンが付きます。

左からくじらの赤身、ベーコン、おばいけ(くじらの尾と身の間の肉)
左からくじらの赤身、ベーコン、おばいけ(くじらの尾と身の間の肉)画像一覧

帰りの新幹線は17時台〜20時台の4列車から選べるため、12時からの昼食にすると、食べ終わっても4〜6時間ほどの自由時間が。食事は観光後、夕食のプランにしてもOK。これで大阪市内発着、おとな1人19,800円から、子どもは9,900円から。食事の場所は12の施設からチョイスできるので、料理の内容や立地を確認して選んで。

JR西日本日帰りプラン『関門ふくフク三昧』

期間:2016年3月28日(月)まで受付、利用は3月31日(木)まで
電話:0088-24-1515(8:00〜21:00)
※申し込みは利用日の1カ月前の10:00から3日前の21:00まで
URL:http://www.jr-odekake.net/plan/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。