京都・岡崎に「蔦屋書店」オープン
2016.1.11 13:56

「平安神宮」を近くに構える京都・岡崎から日本の魅力を国内外に表現し、家にいるようなくつろぎの場となる「京都岡崎 蔦屋書店」が1月10日にオープンした。この書店は「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブの生活提案型としては6店舗目。西日本では梅田に次いで、2店舗目となる。ターゲットはプレミアエイジ世代と、前年比1.62倍と増える訪日外国人だ。

店内の随所に花屋「みたて」の美しい小盆栽が飾られている
店内の随所に花屋「みたて」の美しい小盆栽が飾られている画像一覧

大きな特徴はアート、日本の暮らし、ON JAPAN(旬の日本)の3テーマごとに分けられたフロアースペースにコンシェルジュが配置され、生活をより豊かにするための本を見つけるためのサポートしてくれること。並べ方にも他の本や雑貨との関連性を高め、より楽しめるよう工夫が凝らされている。日本を代表する建築家、前川國男氏が設計した「京都会館」、現在はこの書店のある「ロームシアター京都」としてリニューアルオープンしているが、前川氏の書籍はもちろんのこと、ヨーロッパで弟子入りした建築士の本なども配置。ON JAPANのフロアには京都が誇る伝統工芸品と、それをテーマにした書籍も置かれ、日本の魅力が発信されている。

2階には京都の食を堪能できるカフェ&レストラン「京都モダンテラス」がオープン
2階には京都の食を堪能できるカフェ&レストラン「京都モダンテラス」がオープン画像一覧

館長の奥田康弘さんは「心を動かすものと出会いを提案しながら、かつ憩いの場として存在することで人が集い、新しい文化が発展し、地域が更に活性化していって欲しい」と語る。京都・岡崎の魅力がつまった蔦屋書店、レンタサイクルもあるので書籍の実際の場所まで岡崎の町を感じながら訪れて回るのもいいかも。

「家」にいるようなくつろぎを表現。ポップやポスターは最低限とする落ち着いた店内
「家」にいるようなくつろぎを表現。ポップやポスターは最低限とする落ち着いた店内画像一覧

取材・文・写真/岡田由佳子

「京都岡崎 蔦屋書店」

住所:京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都パークプラザ1F
営業:8:00~22:00 年中無休 ※2Fレストランは23:00まで
電話:075-754-0008
URL:http://www.ccc.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。