阪堺電車の駅廃止で、金魚が引越し
2016.1.7 12:20

「チン電」の愛称で親しまれる大阪唯一の路面電車・阪堺電車。老朽化に伴い1月末に廃止が決まっている住吉公園駅には、早朝7時の運行時間をめがけて鉄道マニアが集まり、正月の三が日も多くの人で賑わった。

近隣の住民もまだまだ普段遣いとして利用している住吉公園駅
近隣の住民もまだまだ普段遣いとして利用している住吉公園駅画像一覧

通天閣のある恵美須町駅から伸びる阪堺線と、天王寺駅前から伸びる上町線の2つの路線からなる阪堺電車。その上町線の終着駅となる住吉公園駅は、昭和30年代には1日約200本の発着があったが、「あべのハルカス」全面開業に伴うダイヤ改正で朝の7〜8時台の4〜5往復に縮小され、終電が日本一早い(8:24)というのも話題になった。

季節を問わず、駅利用者を和ませてくれる金魚
季節を問わず、駅利用者を和ませてくれる金魚画像一覧

この駅ホームにある名物が、金魚が泳ぐ水槽。戦時中に防火水槽として造られたものだが、「いつの頃か女子学生が放した金魚がそのまま飼われたそうです。私の入社した平成11年にはすでにおりましたが、駅員が交代でエサやりや水の入れ替えをおこなっています」と阪堺電車・総務の梅田さんは話す。今回の廃止に伴い駅舎はなくなるが、金魚たちは近くの中学校の池に引っ越しする。

30日の運行最終日に向け、撮影会などのイベントも予定されており、今後は公式サイトで随時案内される。

阪堺電車 軌道事業の廃止

路線:上町線 住吉駅~住吉公園駅間(0.2km)
日程:2016年1月31日(日) ※運行最終日1月30日(土)
URL:http://www.hankai.co.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ