神戸地酒・福寿、ノーベル賞公式行事に

2015.11.27 12:55

福寿 純米吟醸

(写真2枚)

12月10日、ストックホルム(スウェーデン)で開催されるノーベル賞授賞式。日本人としては、大村智・北里大学特別栄誉教授がノーベル生理学・医学賞を、梶田隆章・東京大学教授がノーベル物理学賞を受賞。その晩餐会後のパーティーに、神戸の地酒「福寿 純米吟醸」が提供されることに。

ノーベル賞のフィナーレを飾るアフターパーティ「ノーベル・ナイトキャップ」で、[神戸酒心館]の「福寿 純米吟醸」が振る舞われるのは2008年以降、5回目。2015年の「International SAKE Challenge」では銀賞を受賞するなど、神戸の銘酒として知られている。

今回、大村・梶田両氏のお祝いも兼ねて、晩餐会と同日に[神戸酒心館]で鏡開きを行い、先着100名に「福寿 純米吟醸」が振る舞われることに。また同賞受賞を祝うだけでなく、震災20年の感謝の意を込めて、この純米吟醸の酒粕から作った粕汁も提供される予定だ(先着100名)。

神戸酒心館
神戸酒心館

『「福寿 純米吟醸」振る舞い酒』

日時:2015年12月10日(木)・11:30〜
場所:神戸酒心館(神戸市東灘区御影塚町1-8-17)
電話:078-841-1121

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本