内野聖陽「若い人に残したい映画」
2015.10.29 18:00

1890年の和歌山沖での「エルトゥールル号遭難事件」と、1985年の「テヘラン邦人救出劇」。2つの実話を題材に、日本・トルコの合作で映画化された『海難1890』。その記者会見が大阪市内で29日に行われ、主演の内野聖陽、忽那汐里、田中光敏監督が出席した。

海難1890会見
海難1890会見画像一覧

「エルトゥールル号遭難事件」とは、1890年に和歌山県樫野崎(現:串本町)で起こった、当時としては世界最大規模の海難事故。海に投げ出されたトルコ人船員を、地元住民たちが総出で救出活動を行い、両国の友好関係の礎となった出来事だ。

主演の内野は「事故について、僕はNHKの番組で見て知っていたんですが、あまり日本人の方には知られていない。番組を見て、こんないい話が日本にあるんだと考えていた矢先、オファーをいただいて。この映画は後々も見ていただけるし、若い人たちにも残したい話だなと、監督にぜひやらせてくださいと」と、出演への熱い想いを語った。

主演の内野聖陽
主演の内野聖陽画像一覧

そして、「トルコの教科書には、エルトゥールル号事故が載っていて、ほとんどのトルコの方は知っているんですね。僕は汐里ちゃんと違ってトルコには行けなくて。(トルコ人俳優の)ケナン・エジェくんと忽那さんは生まれ変わって2役やっているのに・・・なぜ僕は生まれ変わらなかったんだろうと(笑)。トルコに行きたい想いがますます強くなりましたね」とコメントした。

エルトゥールル号編で失声症の女性を、テヘラン救出編で日本人学校の教師、2役を演じた忽那汐里は、「私はトルコに1週間行ったんですが、街並みはキレイですし、食事はとにかくおいしい。イスタンブールは橋を渡ればヨーロッパ、反対側はアジアと、いろんな文化が交じっているので、ホントに魅力的な国でした」と語ると、田中監督が「汐里ちゃんはイスタンブールではとてもゴキゲンでした。趣味のレコードがトルコにはたくさんありまして・・・」とポロリ。忽那は「東京ではすごく高いのに、こんな安い値段であると30〜40枚買ってしまって(笑)」と笑顔を見せた。

1人2役を演じた忽那汐里
1人2役を演じた忽那汐里画像一覧

それに対し、内野は「当時、世界情勢が非常に一変していまして。トルコで撮影ができるのか、非常にヤキモキと日本で待っていたんですが、レコード探しですか?」と冗談交じりに嘆き節。忽那、田中監督ともに「すいません」と平謝りした。

会見の最後、田中監督は「125年前の、和歌山の方たちの善意が、今も日本とトルコの友情に繋がっていること、こうやって合作映画を作れたこと。日本人として誇りに思いますし、感謝しています。今回、和歌山でトルコの俳優たちが道に迷ったとき、”あんたたち、映画の俳優さんだね?”と街の人が車に乗せて、ホテルまで送ってくれた。そんなことが多々、ありました」と感慨深く語った映画『海難1890』。12月5日から全国の劇場にて公開される。

映画『海難1890』

2015年12月5日(土)公開
監督:田中光敏
出演:内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、アリジャン・ユジェソイ、ほか
配給:東映
梅田ブルク7ほかで上映
URL:http://www.kainan1890.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。