映画界注目の大芸大OB作を一挙上映
2015.10.5 16:35

ここ数年の日本映画界は、「大阪芸術大学OBの独壇場」と言ってもいいほどの快進撃。石井裕也監督の『舟を編む』(2013年)、近藤龍人カメラマンの『桐島、部活やめるってよ』(2012年)をはじめ、名だたる映画賞を次々獲得。そんな卒業生たちの栄光に光を当てた映画祭『シネフェス2015 inブルク7』が11月16日から開催される。

「舟を編む」© 2013「舟を編む」製作委員会
「舟を編む」© 2013「舟を編む」製作委員会画像一覧

芸術の世界に将来の夢を託す学生たち、14分野・6,000人が在籍する「大阪芸術大学」(大阪府富田林市)の創立70周年事業となるこの映画祭。先日開かれた記者発表会では、映像学科の学科長にして、映画監督としてもまだまだ現役の大森一樹監督、今回の上映でトリを飾る『海難1890』の田中光敏監督が出席し、作品や大学の魅力をPRした。

(写真左から)大森一樹監督、副学長の塚本英邦、梅田ブルク7支配人・親川拓海、田中光敏監督
(写真左から)大森一樹監督、副学長の塚本英邦、梅田ブルク7支配人・親川拓海、田中光敏監督画像一覧

大森監督は開口一番「1週間と言わず、1カ月でも出来るくらいのストックがある」と今後の開催にも意欲を見せ、「フランスに留学中の監督・熊切和嘉くん(『私の男』)や、優秀な脚本家・向井康介くん(『ピース オブ ケイク』)など、今回紹介できなかった素晴しい才能がまだまだ溢れている」と力強く訴えた。加えて、「卒業生ばかりが賞を獲って、教授はナニをやってるんだと言われそうだけど、ちゃんと撮ってます」と、茶目っ気たっぷりに自身の監督作『ベトナムの風に吹かれて』(10月公開)の告知も忘れなかった。

また、大芸大を卒業し、現在は母校で教鞭をふるう田中監督は、この映画祭で唯一、公開前の作品を発表。「ぼくよりもずっと優秀な後輩たちに混じって、12月公開の『海難1890』を一足早くご覧いただきます」と深々と頭を下げ、「新しいクリエイターが次々に生まれてくることは、恐怖でもあるけれど、うれしいこと。大阪芸術大学のクリエイティブ力を存分に感じてもらいたい」と、次世代の卵たちに呼びかけた。

配給会社の枠を超えて出身大学の括りで開催される珍しい映画祭。「梅田ブルク7」(大阪市北区)の全面協力により、映画館の大きなスクリーンで名作を堪能するチャンス。上映に参加できるのは、未来の芸大生となるかもしれない「中・高生と、その保護者及び引率の先生のみ」。6日間に渡って無料で上映される(要申込)。

取材・文・写真/hime

『シネフェス2015 イン ブルク7』

期間:2015年11月16日(月)〜21日(土)
時間:17:00〜(21日は15:30〜)
会場:梅田ブルク7(大阪市北区梅田1-12-6)
料金:無料(要申込)
電話:06-6654-5557(11:00〜19:00/月曜休)
【上映作品】
『舟を編む』(石井裕也監督)、『天然コケッコー』(山下敦弘監督)、『市民ポリス69』(本田隆一監督)、『そこのみにて光輝く』(呉美保監督)、『横道世之介』(近藤龍人 カメラマン)、『海難1890』(田中光敏監督)
URL:http://www.osaka-geidai.ac.jp/geidai/cinefes2015/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。