新井浩文、大阪でひとり裏・舞台挨拶
2015.10.3 18:19

10月3日より公開された映画『バクマン。』の初日舞台挨拶が東京で行われ、主演の佐藤健、神木隆之介ほか、豪華キャスト&大根監督が大集結。そんななか、平丸一也役で出演する新井浩文がひとり、「裏・舞台挨拶」と称して、「TOHOシネマズ 梅田」に登場した。

いつものラフな格好ながら、映画への想いは熱い新井浩文
いつものラフな格好ながら、映画への想いは熱い新井浩文画像一覧

この舞台挨拶は、新井自身のTwitter上にきたファンからの要望に応えて、急きょ実施されたもの。いつもの格好というサンダル姿、宣言通りの二日酔いのまま登場するや、「写真撮影OK」「クイズの正解者に台本プレゼント」「舞台挨拶終了後に全員とハイタッチ」など、突然のファンサービスを次々と敢行。約750人の観客を大いに盛り上げた。

「前日は仕事も含めて(番組ロケで飲酒)、飲み過ぎました(笑)。東京ではスター達が華やかな舞台挨拶を行っていたなか、すみません。短い時間ですが、ごゆっくり楽しんでいってください…っていう、表舞台挨拶っぽい事も言っていますが、裏・舞台挨拶なので、ここからは写真撮影OKです」と新井が挨拶すると、場内からは拍手と大歓声が。「今から十10数年前に大阪で舞台挨拶を行ったときは、お客さんが4人だったので、本当に感謝しています。男性には悪いけど、今日お越しの女性のお客さまにはひとり1分間ぐらい、●●●したいです」と下ネタも全開!

予定にはなかったハイタッチ会も
予定にはなかったハイタッチ会も画像一覧

演じた平丸については、「原作でも好きなキャラクター。大根監督からは当初、『平丸っぽくない』と言われていましたが、衣装合わせのときに『あ、平丸っぽい』って。本当、適当ですね。監督は映画監督としてはSクラスの方ですが、人間としては最下層ですよ」とコメント。そして、「今日は本当に1人だけなのに、お越しいただきありがとうございました」と舞台挨拶を締めくくった。

豪華キャストがそろった東京の舞台挨拶の様子
豪華キャストがそろった東京の舞台挨拶の様子画像一覧
  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ