雑誌「ミーツ」裏ネタ話を披露
2015.10.23 22:34

紀伊國屋書店梅田本店と京阪神エルマガジン社とのコラボで、「いま売れている雑誌の裏ネタ話」トークイベントが大阪・梅田で開催され、約100人の観客が集まった。

ネタを披露したのはミーツ・リージョナル編集長・竹村匡己と副編集長・松尾修平、ムック編集部・辻本弘樹の3人。会場は満員となり、参加者で熱気ムンムン。必死にメモを取る人も多く、大いに盛り上がった。

meets_talkevent

月刊誌ミーツの企画裏話で竹村は、「僕らが街場で飲み食いしているときに、店のスタッフや、お客さんと話が盛り上がって特集のネタになることも。大正区の特集は、今、このへんがおもろいで、と言うてくれる人がいて、実現した企画です」と。ミーツ別冊「うまい本」(10月15日発売)を編集した松尾は、とにかくもめた話を披露。表紙の写真4案のセレクトでもめ、巻頭企画「10軒の10皿」ではライターと侃々諤々。「最新店はわずか3カ月前にオープンしたばかり。ミシュランにも載ってません」と太鼓判。大ヒットした「日帰り名人」(2006年刊)と「大人の日帰り」(2014年刊、2015年続編発売)を編集した辻本は、同じ旅行本ではあるが、作り方の違いについて、ヒットした理由について語った。

表紙で手にとってもらえるかどうか、が雑誌の売れ行きを左右するため、雑誌のカオとも言える表紙のセレクトは最重要案件。会場では、11月10日に発売予定の「新・接待本」の表紙4案を、参加者に選んでもらうというひとコマも。どの表紙が採用されるのか、ぜひ注目を。

『Meets Regional』

URL:http://lmaga.jp/lmaga_meets.php

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。