桐谷健太「役者でいることに感謝」
2015.9.30 12:00

kiritanikenta_top

鬼才・石井隆監督による映画『GONIN』の続編となる、『GONIN サーガ』が公開された。前作は1995年に製作され今でも『バイオレンス・アクションの金字塔』として多くのファンを持つ名作。借金まみれの5人組による暴力団襲撃事件。血を血で洗う死闘の果てに命を落とした男たちにも家族があった・・・というのが、今回の続編だ。あの惨劇から19年。自身も『GONIN』の大ファンだという桐谷健太さんに、作品に掛ける思いを聞いた。

取材・文/hime    写真/上地智

「芝居が現実を超えた瞬間を目の当たりにした」(桐谷健太)

──元々、石井監督の『GONIN』のファンだとお聞きしました。撮影にあたって特別な思いなどありましたか?

『GONIN』は、心の底にグッと来る怖さに惹かれて「こんな映画に出たい!」って思って繰り返し観た作品なんです。だから、オファーをもらったときは「あの世界に溶け込めるんや」って、すごくうれしかったし、「どう血を通わすか?」をトコトン考えました。集中して撮影に挑めましたね。

──「バイオレンス・アクションの金字塔」と言われるだけに、殺気と狂気に満ちた現場だったと思うのですが、石井隆監督はどんな方でしたか?

石井監督は、すごく物腰が柔らかな人で『飄々とした』紳士ですよ。決して大声出すような人ではないんですが、時に大胆で奇抜。現場は、もちろん緊張感はありましたし、撮影期間も1カ月もなかったので、もうバンバン撮ってました。だから、監督の内には、狂気が渦巻いてたのかもしれませんね(笑)。

『GONIN サーガ』© 2015「GONIN サーガ」製作委員会
『GONIN サーガ』© 2015「GONIN サーガ」製作委員会画像一覧

──演出面ではどうでしたか? たとえば、五誠会三代目・誠司演じる安藤政信さんに桐谷さんが雨のなか、ボロ雑巾みたいに蹴られるシーン。相当狂気的な演出でしたが。

あのシーンの安藤くんの蹴りは、マジで当たってましたからね(笑)。スイッチが入るともう止まらないタイプの役者だから、現場の緊迫感も相当で。でも、それこそ(桐谷演じる)大輔にとっては『誰よりも怖い』相手なんだから、「思い切りやられよう」と思って、腹くくりましたね。まあ、アドレナリンが出てるから痛いとは感じないんですけど、怪我させたり、アザになるようなことはしないのは、さすがやなーと。

──石井監督より、安藤さんという(笑)。

そうそう。安藤くんがすごかった。ただ、土屋アンナちゃんを殴るシーンのときは、さすがに石井監督が「安藤くん、パーでね! パーでね!」って念押ししてましたね(笑)。「このままだとグーでやりそうだ」って言いながら、監督は「そういう役者が好き」ともおっしゃってましたけど(笑)。

──桐谷さん演じたのは、前作で命を落とした大越組組長の息子・大輔役です。いちばん人間らしさの滲むキャラクターでしたね。19年前に解散させられた大越組の再興を胸に秘め、五誠会の構成員となり従っている。

あの事件が起きてなかったら、ヤクザになんてなってなかったと思うんですよ、大輔は。親父の銃殺死体を目撃してしまった幼少時代のあの日から、おふくろもおかしくなってしまって、自分を取り巻く世界が一変した。「いつか親父の組を再興する!」っていう夢は、自分のためじゃなくて、『親孝行』したいというやさしさなんですよね。

──当然、前作の流れを受けての役作りとなったと思うんですが。

大輔の感情の流れをノートに書いて、自分なりにイメージを固めて現場に出向いたんですけど、いざ撮影が始まると、アタマで考えてたことはすべて飛んでましたね(笑)。実際、こんな事件を起こすときなんて、アタマのなかは真っ白なはずだし、銃を握った瞬間に「親父のため」とか「お袋のため」とか、考える余裕ないし、その場その場を懸命に切り抜けるしかない。実際、現実の世界もそうだと思うんですよ。

──現場の雰囲気はどうでしたか?

撮影期間は3週間程度でしたが、作品の規模に対してかなり短かかったので、1日にこなすシーン数はもう膨大で。常に2台のカメラが転がるような勢いで撮っていって、「激流に放り込まれた」って感じでした(笑)。前後がどうなっているのか、時系列を見失うほどバラバラに撮るので、「これ、ちゃんと繋がるの?」って面食らいましたし、とにかく、何とか生き延びようともがいた日々でした。

──撮影順がバラバラなのはよくある話ですが、そんな桐谷さんでも面食らうほどのスピード感だったんですか?

ホントに自分がどこにいるのか、上も下も分からなくなるような状況だったんですけど、改めて考えてみると、それこそ大輔の人生の縮図なんですよね。大輔は、「今は我慢のときだ!」って自分に言い聞かせてこれまで生きてきたのに、気付いたら強盗をしてて、いつのまにか人生の墓場まで押し流されてしまう。現場の僕も、アタマで考えたことじゃなくて、激流の一瞬一瞬にしがみついて、血を通わせて生き抜いた結果がこの映画になった。良くも悪くも計算できない現場だったけど、この映画に関してはそれがきっと正解だったんだと思います。

インタビューに答える俳優・桐谷健太
インタビューに答える俳優・桐谷健太画像一覧

──あと、前作『GONIN』の生き残り、元刑事・氷頭役の根津甚八さんが11年ぶり、しかも、今作限りの復活を果たしたことも話題ですが、桐谷さんは共演シーンが多かったですよね。日本映画界で語りぐさになりそうな撮影において、何か感じるものはありましたか?

たとえば、太ったりとか痩せたりとか、あと、歯を抜いたりする役者もすごいと思うんですけど、根津さんのように動くことや普段喋ることもままならないのに、映画という世界の中で爆発する。しかも、カメラが回ってる間だけ、いつも以上に話せる。相当身体の方は大変だったと思うんですけど、芝居が現実を超えた瞬間を目の当たりにして、とにかく「スゲェェ!」って、雷に打たれたみたいでした。

──1度しかない共演のなかでも、得たものは大きかったと。

根津さんは、きっと体を悪くされてからも「映画に出たい」「芝居がしたい」っていう思いはあったと思うんですよ。でも、できる状態ではなかった。この映画に関しては、石井監督の『GONIN』の現場だから・・・というのはあっただろうし、その姿で画面に出るのは相当な勇気が必要だったと思うんですね。でも、そういった状況のなかで、芝居が現実を超えてくるんですから。「こんなことってあるんや」って思いましたね。

──貴重な、貴重な体験でしたね。

そう。まだまだ役者魂を失っていない根津さんと、芝居を通じて感じ合えたことがたくさんあって、うれしかったし、血が燃えましたね。役者としての生き方を教わりました。なにより、僕が今、好きなことをやらせてもらえてることが、どれだけありがたくて、どれだけ難しいことなのか。「自分は幸せな世界に身を置いてるんやなぁ」と、心底実感させてくれましたね。

──なるほど。ちなみに、桐谷健太にとって『役者でいること』とは、どういうことですか?

役者になりたいって思ったのは、保育園くらいだったかなぁ? あんまり覚えてないんだけど、とにかくずっとなりたいと思ってたんですね。だから、演じられる今は本当に幸せ。最近は、ずいぶん余裕も出て来て、より遊びゴコロを持って、自由に楽しんでいる自分も実感できている。僕にとっては、18~22歳の5年間くらいが長い「暗黒時代」で、やりたくても出来ないジレンマと、挫折感でいっぱいだった。もう苦しくて苦しくて仕方がなかったけど、役者という職業は苦しさを経験しながらも、どこかで楽しさや幸せが勝ってないとダメだと思うんです。曲がりなりにも「人に夢を与える」と言われる仕事。自分自身が楽しめてない状況じゃ、ウソですよね。今は、これまでの役者人生で一番、『役者でいること』を楽しめてるし、これからもその感覚を忘れずにいたいですね。

俳優・桐谷健太
俳優・桐谷健太画像一覧

『GONIN サーガ』

2015年9月26日(土)公開
監督:石井隆
出演:東出昌大、桐谷健太、土屋アンナ、柄本佑、安藤政信
配給:KADOKAWA、ポニーキャニオン
2時間09分
PG12
URL:http://gonin-saga.jp

桐谷健太 (きりたに・けんた)
1980年生まれ、大阪市出身。2002年、テレビドラマ『九龍で会いましょう』で俳優デビュー、翌2003年には映画『ゲロッパ!』でスクリーンデビューを果たす。2011年、日本映画テレビプロデューサー協会が選定する『エランドール賞』新人賞をはじめ、映画『オカンの嫁入り』で『おおさかシネマフェスティバル』助演男優賞、映画『BECK』で『日本シアタースタッフ映画祭』助演男優賞を受賞。以降、映画・テレビ・舞台・CMを幅広く活躍。今もっとも注目を集める若手俳優のひとり。
URL:http://hot-road.jp/actors/kiritani/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。