「4人の女子高生に託した」青春映画
2015.9.18 20:00

クリープハイプのライブのため、北九州から1,000km離れた東京へ自転車で向かう4人の女子高生を描いた青春ロードムービー、『私たちのハァハァ』がいよいよ公開される。メガホンをとったのは、2009年に『ふたつのスピカ』でNHK連続ドラマの脚本最年少デビューを果たし、2012年には映画監督デビュー作『アフロ田中』(主演:松田翔太)で脚光を浴びた松居大悟だ。

映画『私たちのハァハァ』<br />© 2015「私たちのハァハァ」製作委員会
映画『私たちのハァハァ』
© 2015「私たちのハァハァ」製作委員会
画像一覧

「僕はただただ、4人の女子高生に着いていくという感じで、どこに辿り着くんだと思いながら撮ってました。編集せずに出せるのであれば、むしろそれが良かったくらい。ゴールが見えなくて、ホントにドキドキしたし。映画を観ている人が5人目になれるような、そんな映画にしたかった」(松居)

主演の女子高生を演じるのは、注目の新人シンガーソングライター・井上苑子、唯一の演技経験者である女優・三浦透子、6秒動画アプリ「Vine」で再生回数4億回(!)を誇る女子高生・大関れいか、そして、ミスiD2014ファイナリストの真山朔の4人。なかでも、松居監督が「一番心配だった」という真山は、現在も和歌山在住。人に会うごとに「私、どうしたらいいですかね?」と、自らの将来について聞きまわる女の子だ(女優じゃないの?と聞くと、違いますとキッパリ)。

左から、松居大悟監督と真山朔
左から、松居大悟監督と真山朔画像一覧

「映画は好きだから結構観てるんですけど、自分が出る側に立つ・・・!? いやいや、ダメだって(笑)。作品を壊しちゃいそうで。私、松居監督の前々作『スイートプールサイド』(2014年)が3本の指に入るくらい好きで。だから、映画に出るというより、松居監督に会いたいって。この解釈って合ってますか?とか、本人に聞ける機会ってないじゃないですか。ラッキー♪って思って(笑)。映画の話ばっかりしてます」(真山)

そんな真山だが、劇中では東京を目指す道中のなかで、いわゆる「ひと夏の冒険」を体験しながら大人になっていく姿を好演。キャッキャとただ戯れるだけのシーンに映る、二度と戻らない青春の煌めき。松居監督が「4人でどっか行くとか最高だなと思ったけど、当時の自分はできなかったから、得体の知れない女子高生に託したというか」と語るように、世代を超えて熱さを伝染させる青春映画となっている。

『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2015』では、「観客賞」と「スカパー!映画チャンネル賞」をW受賞。「女子高生だけじゃなく、初期衝動がある人全員に届く映画になっていると思います」と松居監督が自信に満ちた表情で振り返る本作は、シネ・リーブル梅田を皮切りに、京都・立誠シネマ、神戸・元町映画館にて順次公開される。

映画『私たちのハァハァ』

2015年9月19日(土)公開
監督:松居大悟
出演:井上苑子、大関れいか、真山朔、三浦透子、池松壮亮、中村映里子
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
1時間31分
URL:http://haa-haa.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。