本木雅弘、31年ぶりに神戸を飛ぶ
2015.8.24 8:00

映画『天空の蜂』公開記念のレッドカーペット・イベントが8月23日、神戸の「ヒラタ学園 神戸エアセンター」で行われ、主演の江口洋介と本木雅弘がヘリコプターで上空から登場。着陸後にはヘリ格納庫で記者会見も行われた。

映画『天空の蜂』のレッドカーペット・イベントに登場した本木雅弘
映画『天空の蜂』のレッドカーペット・イベントに登場した本木雅弘画像一覧

本木は、「実は私が3人のグループ(シブがき隊)をしていた頃、1984年のことですが、デビュー3年目の記念イベント『純情元年トリプルスカイジャック』で、全国7カ所をヘリコプターでまわりまして。本日、31年ぶりに神戸に降り立ちまして、なるほど、それでこの『天空の蜂』に呼ばれたんだと、ようやく合点がいきました」と冗談を交じえながら挨拶。

「怪獣映画として観てもらえば」と語った本木雅弘
「怪獣映画として観てもらえば」と語った本木雅弘画像一覧

原発テロ事件を軸に、大切な人を守るため命を懸ける人々のドラマ、事件に隠された衝撃の真実を巡るサスペンスが展開される本作。大人はもちろんだが、小さいお子さんにはある意味、「怪獣映画」として観てもらっていいと本木は語る。

「かつて『ゴジラ』という映画がありました。人間の欲望が生み出した産物、それがゴジラという怪物でした。それと同じように、この『天空の蜂』に出てくる巨大ヘリも原発も、ある意味、人間が生み出した怪物なのではないか、と。大人はこのテーマを真正面から受け取ることができますが、小さなお子さまは、その2つの対決と、それを見守る沈黙する群衆、そのような怪獣映画として、感覚的にまずは観ていただいて。成長されたとき、背景に隠れていた大きなテーマに気付いて、理解してもらえれば」。

原作者・東野圭吾自身も、「映画化など絶対に不可能だと思っていた」という映画『天空の蜂』。9月12日より「大阪ステーションシティシネマ」ほかで上映される。

映画『天空の蜂』

2015年9月12日(土)公開
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)
監督:堤幸彦
出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、國村隼、柄本明、ほか
配給:松竹
2時間18分
URL:http://tenkunohachi.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。