外国人が作る、京都発のクラフトビール
2015.7.13 17:17

小規模な醸造所で職人が手作りする工芸品のようなビール、クラフトビールが関西でも数多く生まれるなか、今年の4月、京都・十条に新しいブリュワリー[Kyoto Brewing Co.(京都醸造株式会社)]が誕生しました。古都でビールを造るのは、なんとアメリカ、カナダ、ウェールズ・・・と国籍の違う3人の男性です。

左からベン、クリス、ポール
左からベン、クリス、ポール画像一覧

生い立ちがバラバラの3人は青森で出会い、意気投合。共同で研究(という名の飲み会)を重ねるうちに「日本の大手メーカーのビールには何かが足りない」と感じ、自分たちが飲みたいものを作ろうと思ったのがはじまり。「ビールを造る日々は最高ですね」というのは以前からビール造りが趣味だったというアメリカ人のクリスさん。7年以上京都に暮らす彼が、伝統と職人の街である京都がビール造りに最適だとし、拠点に選んだそう。

造るのは、酵母はベルギー産、ホップは主にアメリカ産を使用するという、まさに外国人ならではの発想によるビールで、今までになかった独特の味わい。定番シリーズの第1弾となるのは「一期一会」という名のセゾンビール。茶道において「すべての機会は一生に一度しかないのでベストを尽くせ」との意味があり、彼らのビール造りに対する考え方と一致するために名付けたといいます。セゾンビールは昔ベルギーの農場で労働者の喉を潤すために作られたビールなので、口当たりはドライですっきり。また白ワインのようなフルーティーさがあるのでビールが苦手な人も飲みやすくなっています。

建設中だった試飲スペースもまもなく完成し、土日のみオープン予定! 新たな憩いの場になりそう
建設中だった試飲スペースもまもなく完成し、土日のみオープン予定! 新たな憩いの場になりそう画像一覧

また、このブリュワリーでは定番シリーズ以外、一度造ったビールは二度と造らないそうで、このレア感も魅力のひとつ。現在は、京都の夏に合うさっぱりとしたペールエール「夏の気まぐれ」やお世話になった醸造所への感謝をこめた「西海岸への想い」など、「ビール造りをすることで伝えたい」とさまざまな想いがこめられたビールが誕生していますが、こちらも数量限定なので出合えた時はぜひ飲んで。

そんなビールはブリュワリーや取扱店だけでなく、ちかく7月18〜20日に開催される『木屋町サマーフェスティバル2015』でも飲めるとのこと! 上記の3種に加え新たなビールもお披露目される予定なので楽しみ。これからもどんなビールがこの場所で生まれるのか、大注目のブリュワリーです。

Kyoto Brewing Co.(京都醸造株式会社)

住所:京都市南区西九条高畠町25-1
電話:075-574-7820
URL:http://kyotobrewing.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。