高杉真宙「ショックでお母さんに連絡」
2015.6.17 12:15

6月からスタートした関西テレビ放送の昼ドラ『明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜』。先日、そのPR会見が大阪市内で行われ、主人公・早川律を演じる高杉真宙が本作にかける思いを口にした。

小沢真理の漫画『銀のスプーン』(『Kiss』で連載中)を映像化したこのドラマ。父親(川合俊一)を事故で亡くし、さらに母親(富田靖子)がガンに冒されたなか、弟(前田旺志郎)、妹(田附未衣子)と前向きに暮らそうとする大学生・律の奮闘を描いている。

関西テレビ放送「明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜」
関西テレビ放送「明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜」画像一覧

映画『ぼんとリンちゃん』で膨大かつスピーディーな台詞のオタク青年役を見事に演じ切り、注目度を高めている高杉。今回の昼ドラ初主演に関して、「不安と緊張が大きい。台本も次から次へと渡されて、余裕がなくなっています」と話す一方、「(ドラマの)家族のことがどんどん好きになっていて、”もっと撮影したい、もっと役作りをして演じたい”という気持ちになってきました。これからも撮影が続きますが、突っ走っていきたい」と気合も十分。

病床の母親にかわって台所に立ち、弟、妹のために料理をふるまう律。おいしそうな料理を通して、苦境にたたされた家族の固い絆、小さな幸せを映しだす。そんな本作に出演するにあたり、料理の練習を行ったという。

主人公を演じる高杉真宙と弟役の前田旺志郎
主人公を演じる高杉真宙と弟役の前田旺志郎画像一覧

「小さいころはお母さんの手伝いでいろんな料理を作っていました。パンケーキ、お味噌汁、餃子、チャーハン。でも上京して料理をしなくなって、それで久しぶりにチャーハンを作ったとき、全然おいしくなかった。ショックすぎて、お母さんに連絡しました(笑)。だから、(ドラマに出演することに関して)最初は”大丈夫かな”と思ったけど、包丁の使い方などの練習もしたので、今は撮影前より格段に料理が上手になりました」

7月31日まで放送予定の『明日もきっと、おいしいご飯』。これからの見どころについて「家族に衝撃的なことが巻き起こるのですが、それがどう解決されていくか観て欲しい。最終回の台本を読みましたが、律としても、高杉真宙としても泣ける物語。楽しみにしてください」と、この先に待ち受ける驚きの展開をアピールした。

取材・文・写真/田辺ユウキ

関西テレビ「明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜」

放送:月〜金曜・13:25〜
URL:http://tokai-tv.com/ashita_gohan/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。