パティシエとタッグ、あんこの革新

2015.6.17 20:26
  • 切り通しに佇む店は、築75年の町家をリノベート
  • あんぽーね600円(テイクアウトであれば、自分で餡を皮にはさむスタイルに)
  • 和紙や土壁など日本に伝わる素材を取り入れた落ち着きの空間にはカフェスペース
  • 宇治の老舗丸久小山園の抹茶700円や煎茶、長岡京のスペシャルティコーヒー専門店ウニールのコーヒーも
  • 京おはぎ2個600円(テイクアウト5個1,450円)。今までのサザエは十勝産でしたが、地のものを発信していくため、こちらでは丹波産大納言小豆を使用。白あんには西園シェフのアイデアで地酒を香らせているそう
  • 切り通しに佇む店は、築75年の町家をリノベート
  • あんぽーね600円(テイクアウトであれば、自分で餡を皮にはさむスタイルに)
  • 和紙や土壁など日本に伝わる素材を取り入れた落ち着きの空間にはカフェスペース
  • 宇治の老舗丸久小山園の抹茶700円や煎茶、長岡京のスペシャルティコーヒー専門店ウニールのコーヒーも
  • 京おはぎ2個600円(テイクアウト5個1,450円)。今までのサザエは十勝産でしたが、地のものを発信していくため、こちらでは丹波産大納言小豆を使用。白あんには西園シェフのアイデアで地酒を香らせているそう
(写真5枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本