パティシエとタッグ、あんこの革新
2015.6.17 20:26

創業から42年、全国で60店舗も展開するおはぎと鯛焼きで有名な「サザエ」が、京都・祇園に”あんこ”の新しい展開を目指す「あのん」(京都市東山区)を6月22日にオープンします。メニューはすべて餡尽くし、パティシエとのコラボで洋のエッセンスも取り入れた、新たな組み合わせに注目です。

切り通しに佇む店は、築75年の町家をリノベート
切り通しに佇む店は、築75年の町家をリノベート画像一覧

「あんこは和菓子にとって欠かせない食材。と、同時にパンやパフェと洋のメニューとも相性の良い、懐の深い食材なんです。和食が無形文化遺産に登録されて注目が集まる中、あんこも世界に通じる食材になって欲しいんです。今回、登場するメニューに合わせて一つずつ炊き方も変えています」と、熱い想いを語ってくれたのは今回のお店を手掛ける2代目の戸島陽平さん。

あんぽーね600円(テイクアウトであれば、自分で餡を皮にはさむスタイルに)
あんぽーね600円(テイクアウトであれば、自分で餡を皮にはさむスタイルに)画像一覧

「ただ、最近は若い世代の和菓子離れを感じており、洋菓子ともっと組み合わせていくことで、幅広い世代にも楽しんでもらえたら」と、パートナーに選んだのは、大阪の新進気鋭のパティスリー[Seiichiro, NISHIZONO]の西園誠一郎シェフ。マカロン生地でサンドした”あんまかろん”、マスカルポーネチーズクリームと組み合わせた最中”あんぽーね”など、意外な組み合わせを提案した西園シェフは、「和菓子は油を使わないのですが、洋菓子は生クリームやバターなど油を使うもの。組み合わせることによって食感が軽くなったり、口溶け感が変わってくるので、大変ながらも楽しかったです」とかなり試行錯誤した模様。はたして、今後はどんな組み合わせが楽しめるのか、あんこ好きにとっては見逃せない1軒となりそうです。

取材・文/いなだみほ

「あのん」

2015年6月22日オープン
住所:京都市東山区清本町368-2
時間:10:00〜18:00・火曜休
電話:075-551-8205
URL:http://www.a-n.kyoto.jp

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。