旅する料理研究家、ついに店を大阪に
2015.6.22 15:47

日本各地やアジアなど、旅をしながら食と人を結ぶ”料理開拓人”堀田裕介さんが、ケータリングのアトリエを兼ねたパンとコーヒーの店を、大阪・福島に6月23日にオープンします。

堀田裕介さん
堀田裕介さん画像一覧

「食べることは生きること 生きることは暮らすこと」をモットーに、都市と地域の架け橋として、生産者と生活者を繋いできた料理開拓人の堀田さん。これまで生産地の風景や食材のストーリーをテーブルで表現する、まるでアートのような新しいケータリングのスタイル「フードスケープ」を提案してきたほか、音楽家ヘンリーワークとタッグを組んだ食×音楽のイベント『EATBEAT!』など、オリジナリティあふれる活動で全国を飛び回ってきました。「ずっとお店をやろうって誘われ続けて・・・どこに行ったら”僕に会える?”って、いろんな方から問い合わせもあり、拠点を構えようと思ったんです」。

バインミー400円はベトナムの春雨サラダ、ヤムウンセンをサンド。パクチーなどのハーブは淡路のフレッシュグループのものを使用
バインミー400円はベトナムの春雨サラダ、ヤムウンセンをサンド。パクチーなどのハーブは淡路のフレッシュグループのものを使用画像一覧

ベーカリーでは、滋賀・北近江の地酒「七本鎗」で有名な冨田酒造の酒粕や、淡路島・北坂養鶏場の卵と鶏肉、河内長野・kawabata farmのなにわの伝統野菜など、今まで堀田さんが見つけてきた食材を盛り込み、「僕が使う食材や組み合わせを考えて、パン職人と相談しながらここで焼いています。昨年ベトナムに行ったときにレシピを教えてもらってサンドイッチ・バインミーもアレンジして作りました。今まで出会ったものや人が、このお店に詰まっています」。

そして、2階にはケータリングなど堀田さんの活動拠点となるアトリエキッチンも。小さいながらパーティースペースもあり、夜であれば貸し切りで堀田さんの「フードスケープ」が楽しめます(完全予約制、15〜25名・1人5,000円〜/ドリンク別)。「今まで店舗を持たずに活動していたけれど、みんなに気軽に来てもらえる場所ができました。全国各地の魅力的な食材を、まずはパンで味わってもらえたら」。彼のお店をお目当てにプレオープン時からすでに賑わい、早くも街のランドマーク的存在になりそうな予感です。

取材・文/天見真里子

foodscape!(フードスケープ)

2015年6月23日オープン
住所:大阪市福島区福島1-4-32 foodscape! bld.1〜2F
時間:8:00〜20:00・不定休
電話:06-6345-1077
URL:https://www.facebook.com/pages/フードスケープ-foodscape/981656358534128

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。