関根勤初映画「この3人が見たかった」
2015.6.8 12:12

6月6日、大阪「シネマート心斎橋」にて映画『騒音』が公開され、本作で初監督をつとめた関根勤が登壇。舞台挨拶を行った。

初監督作品の舞台挨拶を行った関根勤監督
初監督作品の舞台挨拶を行った関根勤監督画像一覧

還暦と芸能生活40周年を迎えた「合わせて100年記念イヤー」だった2013年に着手し、この度公開を迎えた初監督作品『騒音』。メインの温水洋一、村松利史らのほか、端役にタモリや明石家さんま、千葉真一という超豪華キャストがずらり! 関根監督曰く「SF、アクション、恐怖、コメディ、バイオレンス、そして・・・LOVE!」という、何でもアリな映画で早くも話題となっている。

映画『騒音』© 2015騒音組合
映画『騒音』© 2015騒音組合画像一覧

登壇した関根監督は、今作の初期の構想について、「まずはコメディがやりたかった。それで何かのテレビ番組で”SFをやりたい”と言ってしまったものだから、SFの要素を入れて、あとは温水洋一、村松利史、酒井敏也の3人にどうしても主演をやってもらいたかった」と回想。特に主演の3人については、「大好きなのに、映画やドラマでせっかく見つけてもすぐいなくなっちゃう。僕自身がたっぷり見たかったんです」と個人的な趣味で選んだそうで、それぞれインパクトの強い俳優で知られる3人からは「こういう役どころは普通、1作品に1人ですよ・・・」と呆れられたとか。

舞台挨拶後、笑顔でパンフレットを手渡す関根勤監督
舞台挨拶後、笑顔でパンフレットを手渡す関根勤監督画像一覧

また、客席からの質問に答えるコーナーでは、自身のレパートリーでもある千葉真一やウド鈴木らのモノマネで回答。「この映画でアカデミー賞を取ったらどうしますか?」という質問には、「アメリカ版ならスピーチでマイケル・ジャクソンのモノマネしようかな。あとはクリント・イーストウッドとも喋りたいなぁ。彼はこういう映画好きだからきっと見てくれますよ。”ベリーファニー!”なんて言ってくれたりしてね(笑)」と得意の妄想も止まず、まさに関根ワールド全開!

「これまでにないタイプの映画ができた」と監督自身も自画自賛する『騒音』。日本を代表する「ダサくてしょぼい」オヤジたちの魅力を、タレントではなく「監督」として描いた関根勤の新たなチャレンジ。映画はシネマート心斎橋、京都みなみ会館(6/13〜)、元町映画館(6/20〜)で公開される。

取材・文・写真/上地智

映画『騒音』

2015年6月6日(土)公開
監督:関根勤
出演:温水洋一、村松利史、飯尾和樹、岩井ジョニ男、酒井敏也、ほか
配給:スールキートス
1時間43分
シネマート心斎橋ほかで上映
URL:http://souon-movie.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。