朝海ひかる、緻密な演出に「ズルい」
2015.6.22 16:02

手塚治虫作品の中でもハードな社会派と謳われる長編漫画『アドルフに告ぐ』。鬼才・栗山民也演出の話題の舞台が間もなく[京都芸術劇場 春秋座]にやってくる。第二次世界大戦前後のドイツや神戸を舞台に、アドルフという名の3人の青年が登場するドラマ。ナチスに傾倒していくアドルフ・カウフマンの母親・由季江を演じる朝海ひかるに話を聞いた。