禁断のブルーどら焼き、茜丸が開発
2015.5.26 14:35

「あ~、ほんま~♪あ~、ほんま~♪」のコマーシャルでおなじみ「茜丸」が、清々しいブルーの「爽快ラムネあん」を開発。青い食べ物は、心理的に食欲を減退させる作用があり、食品業界ではタブーとされているが、はたしてこの”青い甘いアンコ”味はいかほどか?

期間限定で発売される「ラムネあんどら焼き」(1個216円)
期間限定で発売される「ラムネあんどら焼き」(1個216円)画像一覧

「ちょっと食べてみます?」の言葉に、おそるおそる口に運ぶと・・・意外とおいしい。こしあんなのに、味は100%ラムネ。アンコというより、ねっとりとしたラムネを食べている感覚で、後味も非常にさっぱり!

そもそも、なぜ青いアンコを開発したのか? 取材したところ、夏場はアンコを使った商品の売上がガタッと落ち込み、ある業者から「清涼感のある食材はないか」と相談を受けたことから誕生。基本的には業務用商品だが、「爽快ラムネあん」の存在は業界から巷へと広がり、6月1日から「茜丸 本店」(大阪市天王寺区)のみ期間限定で「ラムネあんどら焼き」の販売が決定。冷やして食べる商品だけに、今夏のスイーツ商戦に待ったをかけるか!?

青いあんこ「爽快ラムネあん」を手に笑顔の茜太郎さん
青いあんこ「爽快ラムネあん」を手に笑顔の茜太郎さん画像一覧

「茜丸」では、他にも「レモンあん」「完熟まんごーあん」「深煎り珈琲あん」など約52種のあんを製造・販売。これら商品はパンやケーキに練り込んだり、生クリームに合わせたりと洋菓子にも多用されるとのこと。また、夏に食べたくなりそう(!?)な「メロンソーダーあん」が6月から登場予定と、「爽快ラムネあん」をきっかけに、なにやらアンコ革命が起こりそうな予感!?

取材・文・写真/宗久篤司

「茜丸本店」

住所:大阪市天王寺区大道2-13-15
営業:9:00~17:30(土日祝10:30~) 無休
電話:0120-506-108
URL:http://www.akanemaru.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。