円山応挙、若冲ら、讃岐の至宝を堪能
2015.5.28 12:48

海上交通の守り神として知られ、今も多くの参詣者を集める香川県の金刀比羅宮。「こんぴらさん」の愛称で親しまれているこの神社には、昔から多くの美術工芸品が奉納されています。それらの宝物を惜しげもなく披露しているのが、この展覧会です。

円山応挙《遊虎図》東面と北面右 天明七年(1787) 紙本墨画淡彩金砂子撒
円山応挙《遊虎図》東面と北面右 天明七年(1787) 紙本墨画淡彩金砂子撒画像一覧

本展の見どころは数々ありますが、まず挙げるべきは、円山応挙が描いた表書院の襖絵28面でしょう。《芦丹頂図》4面、《遊虎図》16面、《竹林七賢図》8面から成る同作は、現地と同じ配置で展示されており、美術館の行き届いた展示環境も相まって、圧倒的な存在感を放っています。また、奥書院「上段の間」を飾る伊藤若冲の《花丸図》は、襖絵4面が展示されており、40図35種類の花々を細密な描写で楽しむことができます。そして、日本洋画の先駆者・高橋由一の油彩画8点にもご注目を。《豆腐》や《なまり(なまり節)》といった作品は、およそ洋画らしくないモチーフと粘っこい描写が相まって、由一独特の美意識を味わえるでしょう。

伊藤若冲《花丸図》 明和元年(1764) 紙本着色金砂子撒 襖四面
伊藤若冲《花丸図》 明和元年(1764) 紙本着色金砂子撒 襖四面画像一覧

ほかには、伝 狩野永徳《富士山杉樹図屏風》、狩野探幽《山水図屏風》、狩野探幽・尚信・安信による《三十六歌仙図》、伝 狩野清信《像頭山社頭並大祭行列図屏風》などの狩野派の作品や、長澤芦雪、司馬江漢、岸岱、勝川春草、菊池容斎など、鎌倉時代から明治時代にかけての名品が見られます。全43件・約120点の威容を誇る展覧会です。

これだけの名品が揃って納得しない美術ファンはいないでしょう。しかも本展は、あべのハルカス美術館開館1周年記念企画で、1館のみの開催なのです。その貴重さも展覧会の価値を押し上げています。

取材・文・写真/小吹隆文(美術ライター)

「昔も今も、こんぴらさん。-金刀比羅宮のたからもの-」

期間:2015年5月22日(金)~7月12日(日)
時間:10:00~20:00(土日祝は~18:00) 月曜休(6/29・7/6は開館)
会場:あべのハルカス美術館
料金:一般1,300円、大高生900円、中小生500円
電話:06-4399-9050
URL:http://www.aham.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。