鈴木京香「本当にお母さんの目に・・・」
2015.5.19 20:35

発表から45年余り、小学生の国語の教科書に採用されてきた児童文学作家・大川悦生による『おかあさんの木』。その15ページほどの戦争童話を原作とした映画(同タイトル)が6月6日に公開される。それに先立ち、主演の鈴木京香、監督の磯村一路が大阪市内で行われた特別試写会に登場。舞台挨拶を行った。

主人公・田村ミツを演じた鈴木京香
主人公・田村ミツを演じた鈴木京香画像一覧

本作は、7人の息子を次々と兵隊にとられ、そのたびに桐の木を植えて、息子たちの無事を祈る母の物語。主人公・田村ミツを演じた鈴木京香は、「なんだか不思議なんですが、一郎から末っ子まで、それぞれ違う気持ちで子どもたちに接することができたので、私にとっても大きな発見であり、喜びでした」とコメント。

一方、『がんばっていきまっしょい』『解夏』などを手掛けてきた磯村監督は冒頭から「わたし、大阪の舞台挨拶が苦手なんです。話がおもんないんですわ(苦笑)。どうかご勘弁ください」と恐縮気味。鈴木の演技について、「京香さんがもう、おかあさんになりきっていたので、余計なことは言わない方がいいなと。子どもたちが『本当におかあさんの目だった』と言ってましたね」と絶賛した。

「大阪の舞台挨拶が苦手」とは磯村一路監督(右)
「大阪の舞台挨拶が苦手」とは磯村一路監督(右)画像一覧

母と息子たちの普遍的な愛を描いた人間ドラマ、鈴木京香は「今の、この平和な時代の素晴らしさ、これを無くしちゃいけないなという気持ちに、ますますなっていただける映画だと思います。家に帰って、当たり前の日常が本当に幸せだってことを話していただけたら」と締めくくった。映画は6月6日、「梅田ブルク7」ほかで公開される。

映画『おかあさんの木』

2015年6月6日(土)公開
監督:磯村一路
出演:鈴木京香、志田未来、三浦貴大、平岳大、田辺誠一、奈良岡朋子、ほか
配給:東映
1時間54分
梅田ブルク7ほかで上映
URL:http://www.mothers-trees.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。