原監督、新作アニメは「仕事がなくて」
2015.5.1 12:30

ガロ三人娘のひとり、故・杉浦日向子の代表コミック『百日紅(さるすべり)』が長篇アニメ映画として甦った。原作は、絵師の葛飾北斎を軸に、娘で助手のお栄と、その周囲の人々との何気ない生活を描いた短篇集。手掛けたのは、『クレヨンしんちゃん』『河童のクゥと夏休み』などで知られる原恵一。アニメーションの世界で絶大な人気を誇る監督だ。

その公開を前に、原監督をゲストに迎えたトークイベントが大阪「ロフトプラスワン WEST」で行われ、メイキングや本編からの抜き出し上映アリの、濃ゆくて深〜い時間(ナント3時間半以上!)となった。

実際の絵コンテを見せながらシーンを説明する原監督
実際の絵コンテを見せながらシーンを説明する原監督画像一覧

「僕自身の作品もそうだけど、市井の人々を描いてる作品が好きなんだ」。サザエさんやドラえもんも大好きだという監督は、「杉浦日向子は20代後半に『風流江戸雀』でハマって、絵柄も素晴らしいし、ストーリーもいい。もし若い人で読んだことない人がいたら絶対読んで!」と絶賛。2005年に杉浦が亡くなった時は相当落ち込んだという。

映画『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』<br />© 2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
映画『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』
© 2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
画像一覧

今回の映画『百日紅〜Miss HOKUSAI』は、意外にも仕事がなくて困窮したことが、製作のきっかけになったという。「『カラフル』(2010年)の後、全然仕事がなくてさ。これはヤバいと思って、Production I.G代表の石川(光久)さんに、『合葬』(杉浦の1984年作品)をやりたいって売り込みに行ったら、杉浦作品なら『百日紅』、尺90分、ギャラこんくらいならやってもいいよって。もう即決!」。90分というコンパクトな尺にプレッシャーを感じながらも、緻密な計算を重ねた末、1カットも欠番(画を捨てること)を出さずに完成!「欠番無しなんて僕史上初めて! 自分を褒めてあげたい(笑)」と過去に葬り去った膨大な捨てカットの数々を振り返った。

尽きない話はどんどん深まり、キャスティング秘話から、原作と今作との比較、さらには葛飾北斎やお栄が実際に描いた浮世絵や、大事なところ丸見え! の過激な春画が投影されたり、自身の作品からのセルフリメイクシーンが参考映像として上映されたりと、ファンにはたまらない一夜となった。5月9日より、「大阪ステーションシティシネマ」ほかで公開される。

取材・文・写真/hime

映画『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』

2015年5月9日(土)公開
原作:杉浦日向子「百日紅」
監督:原 恵一
出演(声):杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、立川談春、ほか
配給:東京テアトル
URL:http://sarusuberi-movie.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。