映画界も「アイドル戦国時代」へ・・・
2015.4.13 11:06

音楽シーンではアイドルは「戦国時代」を過ぎて、もはや定着した感があるが、映画界では今が「アイドル戦国時代」。2014年は『DOCUMENTARY of AKB48』、『BELLRING少女ハートの6次元ギャラクシー』、(BiSの)『アイドル・イズ・デッド ノンちゃんのプロパガンダ大戦争』などが目立ったが、2015年はより百花繚乱。

© 2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講談社 パルコ
© 2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講談社 パルコ画像一覧

その筆頭となるのは、ももいろクローバーZ主演の『幕が上がる』(公開中)だ。高校演劇部員演じるメンバーが稽古場で身体に芝居を叩きこんでいく模様は、彼女たちのハードなパフォーマンスの練習風景を見ているようである。『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』(公開中)は実際の舞台裏に潜入。ダンス指導・牧野先生のシゴきに、松井玲奈が崩れ落ちるところが壮絶だ。カオスなパフォーマンスで新たなアイドル像を提示したBiSの解散ライブにAV監督が密着した『劇場版BiSキャノンボール2014』(公開中)は、「アイドル×AV」という禁断の組み合わせが究極の対立図となり、今年屈指のおもしろさだ。

アイドル映画は、彼女たちのリアルな活動だけでなく、当時のアイドル事情が物語の中に構造的に組みこまれている(もしくは、自然と組みこまれてしまう)点が興味深い。今のアイドルは映画的なドラマがあり、エモーションを与えてくれるし、何より儚さがある。

元アイドル茉里主演『世界の終わりのいずこねこ』
元アイドル茉里主演『世界の終わりのいずこねこ』画像一覧

その「儚さ」という点で注目したいのが、猫系小動物アイドル・いずこねことしての活動を突如終了した茉里主演の『世界の終わりのいずこねこ』だ。舞台はアイドル不在の近未来。ネット配信している少女が、人類滅亡の危機に立ち向かっていく物語。茉里本人すら予期していなかった「終了宣言」は、飼い主と呼ばれるファンを含めたそのすべての動揺を誘ったが、その空気感が映画から伝わってくる。なんとなく笑って日常を過ごしているけど、「我々は何処(いずこ)へ行くのか」という、先行きない未来に向かう不気味な不安がはりついている。

多種多様なアイドルが登場する昨今。どんなに苦しくてもステージでは笑顔を絶やさず、エネルギッシュに歌い踊る彼女たちに、「ヲタク」以外も次々と魅了された。それが空前の「アイドル戦国時代」を呼びこんだ要因のひとつ。『世界の終わりのいずこねこ』で描かれている、女の子が人々に希望を与えていく姿は、いろいろ大変な日本の状況の中で、アイドルに求めているものに近いのかも知れない。「今の時代のアイドル映画」としてひとつの金字塔になりそうだ。

今やアイドルは、かわいいだけでは生き残れない。ライブではダイブもするし、観客のド真ん中で歌ったりもする。でも、ちゃんとキラキラしている。「アイドル」という枠をうまく使い、意外性のあるアイデアで引きつけていく。時には男よりも泥臭く、ロックバンドよりもロックなアイドルたちの姿は、まるで生きた証しをそこに焼きつけているかの様でもある。そんな彼女たちの、いつもとはまた違う表現を映画で発見してほしい。

文/田辺ユウキ

【直近のアイドル映画作品】
私立恵比寿中学・廣田あいか主演『たまこちゃんとコックボー』(公開中)
アップアップガールズ(仮)出演『劇場版プロレスキャノンボール2014』(公開中)
でんぱ組.inc主演『白魔女学園 オワリトハジマリ』(6/13公開)
ゆるめるモ!・櫻木百出演『家族ごっこ』(夏公開)
せのしすたぁ主演『ねもしすたぁ』(夏公開)

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。