知念里奈、レミゼ出演で語る理想の男性
2015.4.30 15:31

「世界の演劇史を代表する作品のひとつ」とまで言われ、2012年には映画版も大ヒットした至高のミュージカル『レ・ミゼラブル(以下レミゼ)』。一昨年の大阪公演ではチケットが即日完売したほどの人気作が、今年も上演されることに。キャストを代表して、10年に渡って日本版舞台に出演する、ファンテーヌ役の知念里奈が会見を行った。

フォンテーヌを演じる知念里奈
フォンテーヌを演じる知念里奈画像一覧

「昨年から新しい演出になりましたが、今年はさらに改良され、(現在上演中の)東京では”よりわかりやすくなった”と好評です。レミゼの大きなメッセージは”人はやり直せる”ということ。人間は本当に愚かで、やり直した所で再び間違うかもしれないけど、それでもまたやり直すことはできる・・・ということに、私自身が毎回励まされています」

映画版ではアン・ハサウェイが演じたファンテーヌは、主人公のジャン・バルジャンに一人娘を託すことになる薄幸の女性。実は知念は、ファンテーヌ、コゼット、エポニーヌという本作の三大ヒロインを演じた、日本(世界でも?)唯一の女優なのだ。

フォンテーヌを演じる知念里奈
フォンテーヌを演じる知念里奈画像一覧

「語弊があるかもしれないけど、ファンテーヌが一番好きです。哀しい人だけど、愛する者を守るため、懸命に運命に逆らう姿を尊敬しています。(持ち歌の)『夢やぶれて』(スーザン・ボイルの歌唱で一躍有名になった名曲!)は、新演出では”強く強く”と強調されました。旧演出では情緒的に歌う感じだったので最初はとまどいましたが、今回はとても腑(ふ)に落ちて、いい形でやってます」

個人的に一番好きな曲は、ジャン・バルジャンのナンバー『バルジャンの独白』だそう。「新しい演出になったからか、改めて”なんて素敵なの!”と。私、ジャン・バルジャンが一番好きなんです。心を悔い改めてからは志高く、普通の人じゃできないと思える生き方をするので、男性としても理想です(笑)。自分が男なら、絶対やりたかった役ですね」

最後に「東京公演を積み重ねて、大阪では良い状態でできるんじゃないかと。今年も熱い大阪の皆様の前で、暑い夏を一緒に過ごせたら嬉しく思います」とメッセージを。はかなさの中に輝く強さを秘めた知念のファンテーヌに、ぜひ心を揺さぶられに行ってほしい。

取材・文/吉永美和子

ミュージカル「レ・ミゼラブル」

日程:2015年8月8日(土)~29日(土)※開演時間は公式サイトに
会場:梅田芸術劇場メインホール
料金:S席 14,000円、A席 9,500円、B席 5,500円(全席指定)※未就学児入場不可
電話:06-6377-3800(梅田芸術劇場)
※5月16日(土)チケット発売
URL:http://www.umegei.com/lesmiserables2015/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。