水が動く!須磨に日本初4Dマッピング

2014.12.4 20:50

須磨海浜水族園でスタートした「須磨アクア イルミナージュ」

(写真3枚)

冬のお楽しみのひとつであるイルミネーション。今年も関西のあちこちで開催されていますが、「須磨海浜水族園」(兵庫県神戸市)で日本初の3Dマッピングを水に映す4Dレイライトマッピングを使った「須磨アクア イルミナージュ」が12月1日よりスタートしました。

今年8月に「ワイキキホテル」で初披露されたこの4Dレイライトマッピング。水上にアニメーションを映すことで、通常よりも濃厚な色彩でリアリティの増した演出が楽しめるのが特徴。今回は屋外のイルカプールがスクリーンとなり、ゆらめく水面の影響で他では味わえない不思議なマッピングにきっと魅了されるはずです。

水族館らしく、生命誕生から現代まで40億年の時空の旅をテーマに、まるで本物の生き物が水槽内で誕生したような迫力の映像は、3Dマッピングの第一人者として知られる映像作家ジャック・ハティングが手がけたとあって、思わずのめり込んで見てしまう約15分間の光と水の共演。会場の中央からはもちろん、離れた席でもしっかりと映像や音の迫力を体感することができます。水槽から飛び出てくるような奥行きのある演出もあるので、後部の高いところから観るのがオススメです。

緑のイルミネーションは「ピラニア」が生息するアマゾンの生息環境を表現
緑のイルミネーションは「ピラニア」が生息するアマゾンの生息環境を表現

マッピングだけでなく、約300万球のイルミネーションで彩られた園内も普段の景色と違い、ゆっくりと見て回りたいところ。赤と青を基調にして心拍音と血液の流れを表現したエントランスエリアや、同館を代表する「ピラニア」が生息するアマゾンの生息環境を表現した緑のイルミネーションなど、光に照らしだされた幻想的な空間を泳ぐ魚の姿を眺めていると、まるで別世界に紛れ込んだよう。子どもはもちろん、大人も夢中になれる演出が館内のあちこちに散りばめられているので、寒い中厚着して出かけるだけの価値は充分ありますよ。

取材・文・写真/土橋健司

「須磨アクア イルミナージュ」

期間:2014年12月1日(月)~2015年3月1日(日)・17:30~21:30 ※4Dレイライトマッピングは、1日4~5回開催
会場:須磨海浜水族園(神戸市須磨区若宮町1-3-5)
料金:プロジェクションマッピング観覧料=500円(3歳未満無料) ※別途入場料(中学生以上1,500円、小人1,000円、3歳未満無料)
電話:078-731-7301

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本