日本初のマサラ舞台 浦井健治の意気込み
2014.11.27 14:45

今年だけで5本の舞台に出演し、テレビ『アオイホノオ』の怪演でドラママニアも騒然とさせるなど、目ざましい活躍ぶりを見せる俳優・浦井健治。来年一発目の主演舞台は、なんとインドを舞台に歌い踊るマサラミュージカル・「ボンベイドリームス」の本邦初公演! ということで、本人に直接その意気込みを聞いてきました。

「オールジャンルで楽しめる楽曲ながらも、どこかで必ずインドっぽいイメージを彷彿とさせる、珍しいタイプの音楽です。やはり(作曲の)A.R.ラフマーンさんの曲は”インドのモーツァルト”と言われるだけあり、強烈に耳に残りますね(笑)。そこにダイナミックで繊細で美しく踊る、すみれさんや朝海(ひかる)さんのダンスも加わるから、目でも耳でも楽しめる、派手で楽しい舞台になるはずです」

主人公・アカーシュを演じる俳優・浦井健治
主人公・アカーシュを演じる俳優・浦井健治画像一覧

浦井演じる主人公・アカーシュは、映画スターを夢見る青年。同じく俳優をめざし、今まさにその夢を叶えている浦井には共感しやすい役だと思うが、実は意外な共通&共感ポイントも。

「テレビ番組の企画で、インドの村に滞在したことがあるんです。すごく愛情豊かな家庭にホームステイさせていただき、現地の人たちの純粋さや温かさが強く印象に残りました。アカーシュも、貧しいけど家族の愛や仲間に恵まれて育った青年なので、役の底辺はそこにあるんじゃないかと。自分がインドで経験したことや肌で感じたことを、投影できるんじゃないかと思っています」

「周りに感謝しなきゃいけない」と語る浦井
「周りに感謝しなきゃいけない」と語る浦井画像一覧

この舞台の後には、超話題のミュージカル『デスノート』で、夜神月をダブルキャストで演じることが決定。アカーシュとはまったく正反対のキャラだが、これだけ極端な役を振られることには「周りに感謝しなきゃいけない」という言葉が。

「これほど振り幅の大きい役を”浦井にやらせたい”と思っていただけるのは、本当にかけがえのないこと。役者としての鮮度を保つためにどうすればいいかについては、すごくもがいてるんです。どんどん新たなハードルを自分の前に置いて、それによって視野が広がれば広がるほど、また課題が増えていくという。これを続けていけるよう、今後も新しいトライをしていきたいです」

どんな質問も率直に、多くのファンを魅了するあの明るい笑顔を崩さずに答えてくれた浦井さん。このピュアな輝きをそのままに、アカーシュをノリノリ&ハッピーに演じるんだろうな、と思えた一時でした。

ミュージカル『ボンベイドリームス』は11月29日(土)からチケット発売スタート。

取材・文/吉永美和子

ミュージカル「ボンベイドリームス」

原案:シェーカル・カプール&アンドリュー・ロイド=ウェバー
作曲:A.R.ラフマーン
作詞:ドン・ブラック
脚本:ミーラ・サイアル
演出・訳詞:荻田浩一
振付・出演:原田薫、梅棒
出演:浦井健治、すみれ、加藤和樹、朝海ひかる、久野綾希子、安崎求、阿部裕、川久保拓司ほか
※14日夜公演終演後にスペシャルアフタートークを開催

日時:2015年2月14日(土)・15日(日) 12:00~/17:00~
会場:梅田芸術劇場メインホール
料金:S席12,000円、A席9,000円、B席5,000円(全席指定)
電話:06-6377-3800(梅田芸術劇場)
URL:http://www.umegei.com/bombaydreams/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ