地元関西で初舞台、有村架純の復讐心
2014.11.5 12:38

昨年のNHK朝ドラ『あまちゃん』で、一躍注目された有村架純。2014年は数多くの映像作品に出演するかたわら、初めての舞台に挑戦するなど、さらなるステップアップの年となった。その初舞台作品『ジャンヌ・ダルク』大阪公演を前に、先日単独会見が開かれた。

初舞台に挑む有村架純
初舞台に挑む有村架純画像一覧

「(演出の)白井(晃)さんから「(ジャンヌ役を)お願いします」と直接言われた時は「え! 私でいいんですか?」と(笑)。その時に「静かな中にも強さがあるジャンヌにしてほしい」と言われたんです。ジャンヌは強くて勇ましいイメージがあるけど、悲しみや孤独もあるはずだし、まず10代の1人の女の子であることを大事にしたいと思いました」

神の声に従ってフランスを守るために戦い、最後は敵方によって火刑にされた実在の少女ジャンヌ・ダルクは、古今東西数多くの女優が演じてきた役。有村なりのジャンヌを演じるにあたり、大きなキーワードとなったのは「復讐心」だった。

「ジャンヌがなぜそこまでして戦い抜いたのか? という理由を考えたら、自分の大切な人たちを殺された復讐心があったのではないかと。その怨みを晴らすために、神の声を利用したのではと思ったんです。単に『神を信じて戦う』だけだと、なかなか感情移入できない部分があったんですが、私も家族を殺されたら『復讐するために戦いたい』と、きっと思うだろうと。白井さんもその気持ちを大事にしてくださって、結構任せてくださいました」

先に上演された東京公演は、先日終わったばかり。身体の痛みで思うように動けなくなるなどの、初舞台の洗礼を体験しながらも全ステージを走り抜け、今は「達成感と充実感でいっぱい」と言う。

『ジャンヌ・ダルク』
『ジャンヌ・ダルク』画像一覧

「130人のキャストと一緒に同じ所を目指していく気持ちが、大きなエネルギーとなって会場を包み込めたのが嬉しかったです。今まで私は周りの皆さんに引っ張っていただいていましたけれど、少しでも引っ張るようなことができたというのが、とても大きなことでした。大阪公演は東京と少し舞台の構造が変わるので、また新しいジャンヌを作れればいいなと思います」

兵庫県出身ということで「こんなにも大きな作品で、地元に帰って来られることが感慨深いです」とも語った有村。素顔は柔らかくて華奢な印象の彼女が、多くの兵士を導く少女戦士へとどのように変貌するのか、ぜひ見届けておきたい。

取材・文・写真/吉永美和子

ジャンヌ・ダルク

原案・監修:佐藤賢一
脚本:中島かずき(劇団☆新感線)
音楽:三宅純
演出:白井晃
出演:有村架純、佐藤藍子、高橋ひとみ、田山涼成、西岡徳馬、東山紀之、ほか

日程:2014年11月15日(土)〜18日(火)※上映時間は公式サイトにて
会場:オリックス劇場
料金:S席11,500円、A席5,000円(全席指定)※未就学児入場不可
URL:http://www.jd2014.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ