Q10なカノジョ 第21回 高嶋菜七
2014.7.1 12:00

映画・音楽・舞台・アート・・・関西の気になるカルチャーニュースで見つけた、かわいいあのコに、Q10(キュートと読んでネ)=10のQ(質問)を尋ねる連載シリーズ。第21回は、伝説のアイドルグループの遺伝子を継承するこのカノジョ!

写真/長谷波ロビン

「「応援する!」と言ってもらいたい」

Q1 出身地と生年月日を教えて。

はい! 兵庫県出身、17歳。東京パフォーマンスドールのリーダー・高嶋菜七です。

Q2 小さいころはどんな子だった?

小学校6年生ぐらいの頃、MacのアプリでDJブースというのがあってアゲアゲ系の洋楽をリミックスして遊んでました。友だちと音楽に合わせて口パクで歌って、それを取り込んで、自分たちのミュージックビデオを作ったりもしてました。あとは少年野球もやってました。めちゃ男の子っぽい感じでした(笑)。

Q3 8,800名の中からオーディションで選ばれた新生・東京パフォーマンスドールですが、どんなきっかけで応募したの?

友だちはみんな将来の夢を持っていて、それに向かって一直線、という子が多かったんです。でも、私にはそれがまったく無くて、落ち込み気味だったんです。そんなとき、お母さんが“いろいろ挑戦してみたらいいんじゃない?”ってガールズ・グループのオーディション用紙を持ってきて。ちょうど高校1年生になるくらいでしたね。

Q4 先代のTPDは知っていた?

最初は知らなかったんですけど、両親からいろいろ聞きました。それから武道館ライブをDVDで観させてもらって、「うわー、こんなすごいグループだったんだ!」って実感しました。アイドルというよりパフォーマンス・グループという感じでした。ダンスサミットという、歌とダンスのノンストップ・パフォーマンスがあるんですけど、曲間に早着替えをしてどんどん出て行くというスタイルは私たちも継承しています。

Q5 先代と、現在の東京パフォーマンスドールとの違いは?

先代のファンの方もたくさんいらっしゃるので、TPDを名乗るからには、これまでの素晴らしいところは引き継ぎつつ、今のメンバーの個性を出していきたいです。私たち、9人メンバーがいるんですけど、すべりキャラもいれば、正統派もいて、リーダーながらすごくバランスが取れたグループだと思うんです。あとは先代はやっていなかった演劇にも力を入れています。プロジェクションマッピングを使った映像演出も見どころのひとつです!

Q6 演劇といえば、昨年8月より、演劇と映像、歌とダンスが融合した『PLAY×LIVE「1×0」』(プレイライブ「ワンバイゼロ」)が1年にわたりスタート。アンコール公演、NEW VERSION公演を経て進化、初の大阪公演(COMPLETE)が7月に登場します。どんなステージになりそう?

自分がずっと住んでいた関西で、公演ができるのはめっちゃうれしいです! 大阪公演の稽古にはまだ入ってないんですけど、『PLAY×LIVE「1×0」』ではラップをやったり、タップダンスをやったり、いろんなことにチャレンジしています。遊園地みたいなエンタテインメントな場を作る!という思いでやっているので、ぜひ遊びに来てください。

Q7 生まれ故郷の関西はやっぱりうれしい?

上京してからも標準語が慣れなくて。関西弁がどうしても出てしまうんです。自分が標準語をしゃべるのがすごい気持ち悪くて。「面白い」って東京じゃ「ウケる」って言うんですけど、「そんなん菜七、よう言われへん、絶対イヤや~」って思ってたんですけど、気がついたら言ってました(笑)。でも、関西弁は忘れてませんよ!

Q8 演出のウォーリー木下(sunday代表)は関西の注目劇団のひとつで、演出家としても活躍していますが、最初に会った印象は?

初めて会ったときは、怖かったんです。ヒゲが生えてて、狩りをしてそうな雰囲気で。絶対怒ったら怖いって、みんなドキドキしてたんですけど、もうすっかり打ち解けました(笑)。私たちの意見を取り入れて演出してくださるので、一緒に作っているような感じです。すごくやりがいがあります。

Q9 また8月には初の単独ワンマンツアーが梅田クラブクアトロで行われます。どんなライブになりそう?

ワンマンツアーは歌とダンスのノンストップ・パフォーマンス(ダンスサミット)になると思うので、私たちもすっごい楽しみです。結成した頃は息が上がりっぱなしで、バックヤードで酸素ボンベを使ったりしてましたが、今はちゃんと体幹も鍛えられ、体力もついたんで、バッチリです!

Q10 今回、舞台とツアーで初めて東京パフォーマンスドールを見る関西の方に、ひとことメッセージを!

東京に行って、一生懸命学んできたことを全部出して、大阪の人たちに「東京パフォーマンスドール、絶対応援する!」と言ってもらえるように頑張ります!私たちは今までに無いことを見せたいと思っているので、関西の人たちを驚かせたいです。

Who is Nana?
Q10なカノジョは、どんなコ?

高嶋菜七(たかしま・なな)
兵庫県出身、1996年12月31日生まれ。篠原涼子や市井由理らが在籍したことでも知られる伝説のガールズグループ、東京パフォーマンスドール。そのDNAを受け継ぐグループとして2013年夏に誕生した、新生・東京パフォーマンスドールのリーダーを務める。東京・渋谷にある劇場[CBGKシブゲキ ! ! ]を拠点に、演劇とライブのコラボレーション『PLAY×LIVE「1×0」』を展開。そのフォーマットのおもしろさはもちろんのこと、9人のスレンダー美少女の可愛さ、それに加え、いとうせいこう、Dub Master X、tofubeatsら注目作家陣が手掛ける良質な楽曲やクオリティ高いパフォーマンスで注目を集めている。今年6月11日にシングル「BRAND NEW STORY」でメジャーデビューを果たした。
公式サイト

Q10なカノジョには、ここで会えます!

シングル「BRAND NEW STORY」
2014年6月11日発売
初回生産限定盤A(CD+DVD)/ESCL-4222~4223/1,650円
初回生産限定盤B(CD+DVD)/ESCL-4224~4225/1,650円
初回生産限定盤C(CD+DVD)/ESCL-4226~4227/1,650円
デジタルセレクトカップリング盤(CD+1曲DL)/ESCL-4228~4229/1,300円
通常盤(CD)※初回仕様あり/ESCL-4230/1,000円
ソニー・ミュージックレーベルズ

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ