上野樹里、USJ入口で「入場断念」
2013.10.14 18:26

女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1のキャッチコピーでも話題の映画『陽だまりの彼女』。その舞台挨拶が10月14日、大阪「TOHOシネマズなんば」で行われ、主演の松本潤、上野樹里、三木孝浩監督が出席した。

舞台挨拶に登場した女優・上野樹里
舞台挨拶に登場した女優・上野樹里画像一覧

これまではカッコイイ王子様系の役どころが多かった松本だが、今回演じたのはごく普通のサラリーマン。「今までやったことのない役で声をかけていただいて、とてもうれしかったですね。丸い印象でキャラクターを作ってました。樹里ちゃんが引っ張ってってくれたんで。もうハイッて、着いてってました(笑)」と冗談っぽく答えると、上野からは「どんなやねん!(笑)」と関西人らしいツッコミが。

そして上野にとって、本作は3年ぶりとなる映画。「温かい作品がやりたいなぁと漠然と思っていて。ラブストーリーはあまり得意じゃないんですけど、これは原作を読んだ時からやりたい! と思っていました。すごくやりがいがありましたね」と、作品への思いを語ってくれました。

上野樹里の演技を絶賛した三木孝浩監督
上野樹里の演技を絶賛した三木孝浩監督画像一覧

一方、監督は上野の演技を大絶賛。「秘密を抱えつつも、それを見せずに笑顔でいる。その憂いある表情がすごくイイ。ベランダのシーンはもう最高でしたね」と話すと、「あそこいいですよね」と松本と2人で上野を褒めまくる場面も。

また、ロケ地がデートの定番・江ノ島だったということで、「もし大阪でデートするなら?」という質問も飛び出し、松本は「通天閣に行ってみたいですね。1回も行ったことないんですよ。大阪城も(コンサートで)敷地には入ったことあるんですが、上ったことないですし。あと松竹座とNGK! (映画で上司役だった)小藪さんに会いに行きます」と、ザ・大阪なスポットをチョイス。兵庫出身の上野は「15歳で東京行ってるんで、(大阪は)全然分からないんです。でもユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、友達と今年の夏も行きました! ただ人が多すぎて、入口付近で断念して地球儀(?)の前で写真だけ撮って帰りました」と、プライベートでもエピソードも披露。

最後に、「この温かい陽だまりの和を、いろんな大切な方と共有してもらえたら。あと、みなさんがものすごく(見に)来てくだされば、また大阪に来れるかもしれないので、よろしくお願いします(笑)」と、松本の挨拶でイベントは終了。恋愛青春映画の名手・三木監督が描く、心温まる陽だまりの世界をぜひ堪能してみて。

映画『陽だまりの彼女』

2013年10月12日(土)公開
原作:越谷オサム(「陽だまりの彼女」新潮文庫刊)
監督:三木孝浩
出演:松本潤、上野樹里、玉山鉄二、大倉孝二、谷村美月、菅田将暉、ほか
配給:東宝=アスミック・エース
2時間9分
URL:http://www.hidamari-movie.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ