注目女優・有村架純が主演映画PR
2013.4.5 21:40

『SPEC』シリーズや映画『阪急電車』、現在は朝の連続テレビ小説『あまちゃん』など話題作に続々と出演、ネクストヒロインの呼び声高い注目の若手女優・有村架純(1993年生まれ、兵庫県出身)が、主演映画『リトル・マエストラ』のPRのため、エルマガジン社を訪れた。

エルマガジン社を訪れた女優・有村架純
エルマガジン社を訪れた女優・有村架純画像一覧

映画『リトル・マエストラ』は、アマチュアオーケストラを率いる老指揮者がコンクール目前に他界。オケでヴァイオリンを担当するみどり(釈由美子)は、故人が生前に語っていた孫娘・美咲(有村架純)を救世主として引っ張り出す。が、現れたのは茶髪の少女。美咲が天才指揮者というのは、大きな嘘だった・・・。

「この映画の主人公・美咲も、やりたいことはあるんだけどできなくて、どうでもいいやって感じだったんですね。私自身もそうだったし、同世代の方も似たようなことがあると思うんです。でも、映画に登場するキャラクターはみんなそれぞれ悩みがあるのに、すごく前向きでエネルギッシュ。音楽を通して成長する姿に、私と年が近い子だけでなく、年配の方も泣いたって言ってくれて、その想いが心に届いたのかなぁってうれしく思います」(有村)

笑顔でインタビューに答える有村架純
笑顔でインタビューに答える有村架純画像一覧

そして、主演というプレッシャーも乗り越え、女優としてひとつ成長したエピソードも聞かせてくれた彼女。お気に入りのシーンのひとつでもあるという。

「オーケストラのコンクールがあって、その待合室でオケの人たちに自分の気持ちをぶつけるシーンがあるんですね。そのとき、美咲として毎日生きてきた感情があふれてきて、自然と涙が出てしまったんです。台本では泣くシーンではなかったんですけど」

明日、4月6日から公開となる映画『リトル・マエストラ』。関西で上映される3劇場では、公開を記念して有村さんと監督・雑賀俊郎さんの舞台挨拶も予定されています。世代を超えて心揺さぶるこの作品、ぜひ劇場に足を運んでみて。

映画『リトル・マエストラ』

石川県の小さな港町を舞台に、指揮者に抜擢された高校生の少女とアマチュアオーケストラが、音楽を通して成長する姿を描いた映画『リトル・マエストラ』。それぞれ悩みを抱えながらも、音楽の持つチカラや人々の交流が感動を呼ぶ。主人公・美咲を『SPEC』シリーズ、朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の有村架純が、美咲に振り回されるバイオリニスト・みどりを釈由美子がそれぞれ好演。
2013年4月6日(土)公開
監督:雑賀俊郎
出演:有村架純、釈由美子、松本利夫(EXILE)、前田吟、ほか
配給:アルゴ・ピクチャーズ
1時間48分
シネ・ヌーヴォ、布施ラインシネマ、宝塚シネ・ピピアで上映
URL:http://little-maestra.jp/

有村架純公式サイト
URL:http://www.flamme.co.jp/KasumiArimura/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ