Q10なカノジョ 第3回 昆夏美
2011.11.14 12:30

映画・音楽・舞台・アート・・・関西の気になるカルチャーニュースで見つけた、かわいいあのコに、Q10(キュートと読んでネ)=10のQ(質問)を尋ねる連載シリーズ。第3回目は、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』オーディションを勝ち抜き、デビュー作でヒロイン役を射止めたシンデレラガールのカノジョ!

取材・文/吉永美和子 写真/木村正史

「カラオケでもミュージカル曲。」

Q1 デビュー作『ロミオ&ジュリエット』の感想は?

まだ公演中なんですが(10/20に終了)、この作品に携われている感動が日に日に増してます。ジュリエット役は「書類選考が通るだけで十分」と思ってたのに、こんな未来が待ってるだなんて、1年前には想像もしていませんでした(笑)。

Q2 ミュージカルの魅力ってなんですか?

演技プラス歌の力でも、人を感動させるところですね。そして、より違う世界を見せてくれるところです。作品によっては、ただ舞台を観るのではなく、本当にその物語世界の中に入り込んだような感覚になることもあるんですよ。

Q3 目標にしている女優さんはどなたですか?

ミュージカル女優の笹本玲奈さん。表現力を兼ね備えた力強い歌声は、本当に素晴らしいと思います。スタイルもいいし(笑)、憧れる部分ばかりです。

Q4 風邪の季節にそなえて、喉のケアはどんなことをしていますか?

マスクをして、プロポリスやハチミツの入った飴を舐めること。本番前に喉の調子が悪かった時、ショウガのシロップに水とハチミツを入れた物を飲んだら、すぐに良くなったことがあって。それ以来、ハチミツとショウガは最強だと思っています。

Q5 大阪の印象はいかがですか?

『ロミジュリ』の舞台で初めて来たんですが、実は中学の時から憧れの場所だったんですよ。特に関西弁の会話が好き。だからお二人(編集者とインタビュアー)の、撮影中の会話を横で聞いていて「あ、大阪のノリだ!」と、すごく楽しんでました(笑)。

Q6 6月に20歳になった昆さん。初めて飲んだお酒とその時のシチュエーションは?

誕生日と、ジュリエット役合格のお祝いを兼ねて、友達にオシャレな居酒屋に連れて行ってもらいました。お酒はカシスオレンジ。カシオレ大好きです!

Q7 自分のチャームポイントはどこですか?

アゴ…かな? ちょっとアゴが出てるんですが、これを逆にチャームポイントにしてしまおうと思っています。

Q8 カラオケの十八番は?

やっぱり、ミュージカルや宝塚歌劇のナンバーが多いですね。それ以外だと、中山美穂さんの「ただ泣きたくなるの」や、堀内孝雄さん&桂銀淑さんの「都会の天使たち」とか、昔の曲が多いです。最近の曲はあまり歌わないかな。

Q9 舞台『ロミオ&ジュリエット』も、次回作『有毒少年』も運命の人に出会う役ですが、“運命の人”はどんな人だと思いますか?

まだ出会ったことがないのでわからないけど、出会う前から何かが通じていて、会った瞬間パッとわかるのかな……と思います。そこが普通の恋とは、ちょっと違うと思いますね。

Q10  舞台『有毒少年』の見どころを教えて下さい。

笑いもあってテンポもいいけど、登場人物それぞれの人生もちゃんと描かれた、すごく深いお話です。私が演じる無毒少女は、無菌室で育ったけど、好奇心旺盛で外の世界にすごく興味があるという女の子。英語で歌うシーンもあるので、楽しみにしてください!

Who is Natsumi?
Q10なカノジョは、どんなコ?

昆夏美(こん・なつみ)
1991年、東京都生まれ。身長155cm、O型。12歳から中学3年時まで、児童劇団大きな夢に参加、おもに主役で出演。その頃からミュージカル女優を志し、高校、大学とミュージカルを専攻。可憐で伸びやかな歌声を武器に、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』のオーディションでジュリエット役を勝ち取り、同作品でプロデビュー。『有毒少年』の後には、井上芳雄主演のロックオペラ『ハムレット』(オフェーリア役)が決定しているなど、まさにヒロインを演じるために生まれてきたような、今後に期待の舞台女優。東宝芸能所属。
オフィシャルブログ[こんめも!]

Q10なカノジョには、ここで会えます!

cube presents『有毒少年』
娯楽性・哲学性ともにハイレベルな舞台で、幅広く注目を集めているピースピットの末満健一。昨年大阪で上演し、多くの観客を涙させたダーク・ファンタジー作品が、豪華キャストによって生まれ変わる。毒性の環境下でしか生きられない少年と、毒に耐性のない少女が出会う時、奇妙なことばかりが起こる街の秘密が暴かれる…。神秘的なビジュアルと音楽でつづられる、いたいけではかない恋物語は、まさに末満の真骨頂と言える世界。出合うなら今です!

ミュージカル『ハムレット』
シェイクスピアの四大悲劇として知られる『ハムレット』。古今東西様々なスタイルと解釈で料理されてきた作品だが、今回上演するのはチェコの天才音楽家、ヤネック・レデツキーが手がけたロックオペラ調の舞台だ。主演を務めるのは、繊細な容姿と演技に対し、パワフルな歌唱で人気を集める井上芳雄。『ロミオ&ジュリエット』でデビューしたばかりの昆夏美や伊礼彼方など、日本ミュージカル界期待の俳優が集結、ファンならずともチェックしたい注目作だ。

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ