未曾有の事態でどうする? 関西の小劇場によるさまざまな挑戦

新型コロナウイルスによる営業自粛で打撃を受けた関西の小劇場。将来を見据えて、試行錯誤しながらさまざまな取り組みをおこなう彼らに、現状や今後について話を訊いた。

  • 大阪「インディペンデントシアター」の場合

    「コロナ禍で浮き彫りになった2つの可能性」

  • 神戸の「KAVC」の場合

    コロナ禍での再開にウォーリー木下「発見がすごく多かった」

  • 休館前の「HEP HALL」の場合

    生配信での劇場再開は「実験の要素が大きい」

  • 京都の小劇場「E9」の場合

    あごうさとし「コロナ禍で感じた、重要なのは人との関係性」

  • LINE
  • お気に入り

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本