SAVVY Editor’s Note

ヅカオタ歴25年の編集者によるロケットコラム #5

2020.5.22 10:53

カテゴリ:ヅカオタロケットコラム

あつまれ ヅカオタの森!? [前編]

3月に発売され、6週間で日本・アメリカ・ヨーロッパで
1341万本の売り上げを記録した、
Nintendo Switch向けゲームソフト
『あつまれ どうぶつの森』(通称『あつ森』)。
宝塚ファンの間でも人気で、自分の島に大劇場を建てたり、
ご贔屓の役でキャラや服をデザインしたりと、今、
マニアックな島ライフを楽しんでいるヅカオタが増えているんです!

皆さんの夢の島を見ながら、
「いっそ“ヅカ森”ができたらいいのになぁ」
なんて妄想にふけっていたら、
頭の中にこんなのができました…。

『あつまれ ヅカオタの森』

内容:移住した無人島で送る気ままなヅカオタライフ。
現実と同じ時間が流れ、大劇場がある島におでかけもできる。
ちなみに、島名はヅカオタをまっ島(とう)

という訳で、
今回は“ヅカ森”のプレイヤーになったつもりで、
“タカラジェンヌがイメージキャラクターを務める商品”
だけで勝手に島づくり
果たして、無人島でも“ヅカオタをまっ島”できるのか!?
(いつもながら独断と偏見ゆえお許しを…)


○月○日
10:00 入り待ち

島民の午前のルーティーンと言えば、
もちろん楽屋(お稽古)入りするご贔屓の入り待ち!
スターさんによっては、
直接手紙を渡せたり、おしゃべりできたりするので、
身なりはきちんとしておきたいところですよね。
そこで、まずは洋服探しからスタート!

島をまわっていると…早速、すてきなお店を見つけました!

花組トップスター・柚香 光様がイメージキャラクターの!

〈JOSEPH〉

もうファンにはおなじみ。
17年から柚香 光(ゆずかれい)様がモデルを務めている、
ロンドン発のファッションブランド〈JOSEPH(ジョゼフ)〉です。
創設者ジョゼフ・エテットギーの
“ファッション全体のバランスを保つ上で、ボトムのシルエットが重要”
という信念のもと、パンツを主軸に定めて展開しているブランドで、
パンツルックが基本の男役さんにも愛用者が多いですね。

柚香様を起用したシーズンごとに撮影されているビジュアルも話題で、
3月には、ジョゼフの故郷・モロッコに思いを馳せた
20SSコレクションの新ビジュアルも公開されています。
今月14日からは、〈JOSEPH〉の親会社である
オンワードホールディングスが、
ファッションの力で世界を一緒に明るくしよう!
という想いを込めたプロジェクト“#StayStylish”の
TVCMに絶賛出演中! こちらもお見逃しなく。

“#StayStylish” 公式HPより。右上が柚香 光様

動画もあります!
こちらから(“#StayStylish” 公式HPより)

フェミニンな装いがお好みなら…

宙組トップ娘役・星風まどか様がイメージキャラクターの!

〈TOCCA〉

星風(ほしかぜ)まどか様のほか、
同組の娘役スター・遥羽(はるは)らら様、
天彩峰里(あまいろみねり)様が
イメージキャラクターを務める〈TOCCA(トッカ)〉

20SSコレクションは“現代的で、
ファッショナブルなリオデジャネイロの熱い太陽の下、
華やかに楽しく踊り、笑う”星風様をイメージしたとのこと。南米の陽射しをもはね返す、
宙娘の輝きに目がくらみながらも、いざ入り待ちへ!


12:00 観劇前のランチタイム

ドキドキの入り待ちの後は、
観劇前の腹ごしらえとまいりましょ。
と言っても、ここは“ヅカ森”の無人島…。
ファン御用達の[サンドイッチ ルマン]も[ポピー]も
(両店ともSAVVY5月号を見てね)もありません(涙)。

しかも、夢を売るフェアリー・タカラジェンヌたちの主食は
通説によると“霞(かすみ)”!!!
最新版『宝塚おとめ』(※プロ野球選手名鑑のヅカ版)でも、
月組男役の紫門(しもん)ゆりや様が
好きな食べ物に霞と書いていたし、
ごはんはお預けかしらとあきらめかけた瞬間…発見しました!

宙組トップスター・真風涼帆様がイメージキャラクターの!

〈岩谷産業〉のご本人監修カセットこんろ

食材ではなく、まさかのガス!
ライフライン系から攻めるとは…さすが宝塚です。
気になるカセットこんろは、先月、真風涼帆(まかぜすずほ)様が
イメージキャラクターを務める〈岩谷産業〉から
予約販売された『カセットフー マーベラスⅡすみれ』

ご本人監修による新モデルは、
宝塚のイメージカラー“すみれ色”のボディが印象的な、
従来のこんろとは一線を画すエレガントな佇まいです。
災害時にも欠かせないこんろだけに、
大人の男を演じさせたらピカイチな
真風様の落ち着いたイメージともぴったり。
これさえあれば不安な夜も心強すぎる!!!
しかも、
外出自粛中の今ならお庭ごはんもできるし、
ファンなら即ポチですね…。

『カセットフー マーベラスⅡすみれ』

さらに、
同社のTVCM『個性豊かな炎たち編』では、真風様が、
宝塚でもおなじみの人気振付家KAORIalive氏の振りにのせて、
和モダンな木目調こんろ“KAGURA”や
美しすぎる最高級こんろ“AMORFO”などを
カッコよく紹介してるんです。

しかも、ヅカオタをめくるめくこんろの世界へ誘った挙句、
最後に「あなた好みの炎をどうぞ」のキメ台詞で
ファンのハートにも着火!
真風様の男役芸が光るCMも要チェックです!

突然すぎますが、
料理の四大要素は“火・水・土(発酵)・空気”
なのだそう(『人間は料理をする』(マイケル・ポーラン著、野中香方子訳/NTT出版)より)
という訳で、
次は“水”を見つけるぞー!
と一歩踏み出したところで、探すまでもなく、
同じ〈岩谷産業〉から発売されている
スペシャルなお水に出くわしました。それが…

真風様がお稽古中に愛飲されている!

〈岩谷産業〉の『富士の湧水』

〈岩谷産業〉の『富士の湧水』は、
日本製ウォーターサーバーで
新鮮な富士山の天然水を楽しめるというもの。
しかも、キャンペーン中の今なら(6/30まで)、
真風様のサイン入り限定ポストカードや
“すみれ色”の装着ケースを先着順でプレゼントしているそう。
限定やすみれ色に弱いヅカオタの心を突かれ、またもやポチ…。

これで、2つ目も軽々ゲット!
土(発酵)はさすがにないだろうとたかをくくっていたら、
ありました!
日本が誇る発酵調味料と言えば、醤油。
醤油と言えば、大劇場ロビーの看板や
「歌劇」「宝塚GRAPH」内の広告でもおなじみのあのブランドですね!

雪組娘役・潤 花様がイメージキャラクターの!

〈ヒガシマル醤油〉

潤 花(じゅんはな)様が
イメージキャラクターを務める〈ヒガシマル醤油〉は、
醤油のほかに、だし、うどんスープ…と、
商品ラインアップが実に豊富。
しかも、公式HPには、
おかず系から和風パスタ、炊き込みご飯など和洋のレシピがずらり。
しっかり食べて、いざ13:00公演へ!
夢の世界へ行ってきまーす!

ヒガシマル醤油『超特選 丸大豆うすくち 吟旬芳醇』

14:30 幕間

宝塚の舞台は、基本的にお芝居とショーの二本立て。
間に必ず30分の休憩が入ります。
観劇後は出待ちも控えているので、ちょっと小腹満たしを。
いつもなら2階売店で宝塚人形焼
(袋入りだけど、実は焼き立てが入っている!)を買うのだけれど、
ここは“ヅカ森”。まずおやつ探しから始めます…。

と、ここで、料理の四大要素のラスト“空気”です。
マイケル・ポーラン氏は、
“空気”を80%の風味のある空気を含んだパンと説明していましたが、
ここは無理やりふわふわのお菓子に転換して…ふわふわと言えば、これ!

星組トップスター・礼 真琴様がイメージキャラクターの!

〈菓匠三全〉の『萩の月』

これ以外はないでしょう(独断と偏見によるものゆえ悪しからず)!
15年から、礼 真琴(れいまこと)様が
CMキャラクターを務める仙台銘菓〈菓匠三全〉の『萩の月』は、
まろやかなカスタードをふんわりとしたカステラで包んだお菓子。
礼様のダンスを思わせる軽やかな口当たりと、
手軽にぱくりが叶うスタイルは幕間のおやつにもってこいですね。
これまで店頭販売のみだった『萩の月』ですが、
先月からなんと期間限定で通販をスタート!
これは買うしかない! とまたもやポチ…。

そして今、忘れてはいけないのが食べる前のアルコール消毒! さすが“ヅカ森”、まさかの消毒液までありました!

月組男役・月城かなと様がイメージキャラクターの!

〈加美乃素〉の『お帰りなさい お手をどうぞ』

〈加美乃素〉から発売されている、
水なしで使える手肌用清浄ジェルです。
『お帰りなさい お手をどうぞ』というネーミングがまた、
宝塚が誇る名作『琥珀色の雨にぬれて』で、
雪組男役・彩凪 翔(あやなぎしょう)様扮するルイが歌っていたあの曲、
『奥様お手をどうぞ』(原曲はタンゴの名曲『Ich kuesse Ihre Hand,Madam』)と重なり…
たまりません!!!
(5月から商品がリニューアル、ネーミングは『OKAERI —おかえり—』に。現在は欠品中)

加美乃素公式HPはこちらから

幕間まで無事に!? “ヅカオタをまっ島”できました!
では、また観劇後(後篇)にお会いしましょう。


文/編集A

お気に入り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • LINE

SAVVY編集室 関西のかわいい! おいしい! を追いかけるマガジン。スイーツ、ランチ、お買い物、そしてたまに贅沢な晩ごはんも。京阪神を西へ東へ(ときおり遠くへ旅にも出ます!)、編集部が探して見つけてきた楽しいコトを、ギュッと詰めてお届けします。そんな編集部の、オモテガワからウラガワまでをチラっとお見せします。SAVVYは、毎月23日発売です。

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

SAVVY編集室 関西のかわいい! おいしい! を追いかけるマガジン。スイーツ、ランチ、お買い物、そしてたまに贅沢な晩ごはんも。京阪神を西へ東へ(ときおり遠くへ旅にも出ます!)、編集部が探して見つけてきた楽しいコトを、ギュッと詰めてお届けします。そんな編集部の、オモテガワからウラガワまでをチラっとお見せします。SAVVYは、毎月23日発売です。

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本