舞いあがれ!第96回・舞と貴司、それぞれ自分の心と向き合う

2023.2.16 08:15

玄関に立つ人物に驚く舞(福原遥)(C)NHK

(写真3枚)

東大阪の町工場で生まれ育ったヒロインが、人々との交流を通して成長していく姿を描く連続テレビ小説『舞いあがれ!』(NHK朝ドラ)。第96回(2月17日)では、舞と貴司がそれぞれ自分の心の内と向き合う。

ブログで町工場の魅力を発信しようとするヒロイン・舞(福原遥)は、インタビューを受けてもらった職人の笠巻(古舘寬治)に完成した記事を見せる。すると笠巻は「いい置き土産になる」と告げ、舞は笠巻が引退しようとしていることを初めて知る。

一方、舞の幼なじみ・貴司(赤楚衛二)は担当編集者のリュー北條(川島潤哉)と向き合い、歌集のための新しい短歌が作れなかったことを打ち明ける。それに対し、自分の心のなかを隠さずにさらけ出してほしいと北條から言われて・・・。

本作は、空を飛ぶことに魅入られたヒロインが、飛行機への情熱を燃やす仲間たちと夢を叶えていく、挫折と再生の物語。放送は、NHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本