「西陣織」のポップなアート展、一瞬しか見られないデザインも

2022.9.23 09:00
  • 「阪急うめだ本店」で開催中の『MILESTONES-余白の図案』
  • 「細尾」の12代目・細尾真孝社長(21日・大阪市内)
  • AIが自動でデザインを生成し続ける様子。ずっと見ていられるような不思議な映像が流れる
  • 販売されているNFTの権利付き作品。掛け軸の販売も。
  • スケートボードにピクセルアートをデザイン。こちらも購入可能(36万8500円)
  • 約2万点の帯図案がデータ化され、会場の壁面に映し出される
  • 会場には帯図案(現物)がずらりと展示されている
  • 40〜50年前から「細尾」に残る帯のデザイン画。ひとつづつ手書きで作成されている。
  • 40〜50年前から「細尾」に残る帯のデザイン画。ひとつづつ手書きで作成されている。
  • 「阪急うめだ本店」で開催中の『MILESTONES-余白の図案』
  • 「細尾」の12代目・細尾真孝社長(21日・大阪市内)
  • AIが自動でデザインを生成し続ける様子。ずっと見ていられるような不思議な映像が流れる
  • 販売されているNFTの権利付き作品。掛け軸の販売も。
  • スケートボードにピクセルアートをデザイン。こちらも購入可能(36万8500円)
  • 約2万点の帯図案がデータ化され、会場の壁面に映し出される
  • 会場には帯図案(現物)がずらりと展示されている
  • 40〜50年前から「細尾」に残る帯のデザイン画。ひとつづつ手書きで作成されている。
  • 40〜50年前から「細尾」に残る帯のデザイン画。ひとつづつ手書きで作成されている。
(写真9枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本