横浜流星、ロケ地・立命館大学に凱旋「腐らなくてよかった」

2022.9.18 20:15

主演映画『線は、僕を描く』ロケ地となった立命館大学を訪問した俳優・横浜流星(9月18日・京都市内)

(写真2枚)

水墨画の世界に魅了され、その才能を開花させていく青年を描いた映画『線は、僕を描く』。そのロケ地となった「立命館大学」(京都市北区)で公開記念イベントがおこなわれ、同作に出演する俳優・横浜流星と江口洋介、メガホンをとった小泉徳宏監督が登場した。

久々にロケ地となった「立命館大学」を訪れた横浜は、「空気が澄んでいて癒やされましたし、ロケ地からパワーをいただけました。今日ここに入ってきて、『僕、そこで水墨画描いてたな』といろんな記憶がよみがえってきました。本当に良い場所だった記憶があります」と、撮影当時を振りかえった。

水墨画と運命の出合いを果たした大学生・青山霜介が、水墨画の巨匠のもとで学びながら、その世界に魅了されていく同映画。困難を乗り越えていく姿が印象的だが、横浜は「まず僕らの仕事は、挑戦していかなければいけない仕事。一歩踏み出してみて、そこで失敗したら次、成功すればいい。不安はありますが、それよりも立ち止まっていることが怖い」と明かした。

また、その「一歩踏み出す」モチベーションについて聞かれた横浜は、「高校3年生のときに大学進学するか、格闘家の道にいくか、芝居の道を選ぶか迷ったのですが、自分が一番楽しいと思えるのが芝居でした。やはり怖さはありますけど、それこそ(小泉監督の)『ちはやふる』のオーディションを受けましたが落とされ(笑)、半年間仕事がなかったときは、どうしよう・・・と思いました」と告白。

しかし、「そこに怖さがあっても自分がやるべきことをやっていこうと思い、ワークショップに通ったり、いろんなインプットをしたりした結果、いろいろな機会をいただけて、今ここにいます。腐らなくてよかったです。あのとき」と、俳優として本格的に動き出した当時の難しさや思い出を赤裸々に語った。

観客100人とフォトセッションをおこなった横浜流星(中央)、江口洋介(左)、小泉徳宏監督(9月18日・京都市内)

イベントの最後には、約100人の観客とともに、劇中シーンを彷彿とさせるフォトセッションを敢行。笑顔で会場を後にした。青春映画の金字塔『ちはやふる』を手がけた小泉監督を筆頭にした製作チームが再結集した同映画は10月21日に公開される。

映画『線は、僕を描く』

原作:砥上裕將「線は、僕を描く」(講談社文庫)
監督:小泉徳宏
出演:横浜流星、清原果耶、細田佳央太、河合優実、江口洋介/三浦友和
配給:東宝

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本