大阪が総額25億の経済支援、物価高騰に影響受けた事業者へ

2022.8.25 17:30

定例会見のフリップより「令和4年度第5号補正予算の主な概要」

(写真4枚)

大阪府が、8月24日の定例会見で『令和4年度第5号補正予算』を発表。原油価格や物価の上昇に影響を受けているトラック事業や農業・畜産業、公衆浴場などへ、総額25億円の支援がおこなわれることが分かった。

今回の支援対象となる事業者は、農業者・畜産農家、公衆浴場事業者、トラック事業者、公共交通事業者、福祉サービス事業者の5つ。特に、肥料価格が昨秋から1.79倍と経営を圧迫している農業者には価格上昇に応じた支援、畜産農家にも配合飼料購入費上昇分の一部補助などが実施される。

また、原油価格高騰の影響を受けている公衆浴場事業者やトラック事業者、公共交通事業者、福祉サービス事業者へは、燃料上昇相当分の補助などで支援。

吉村洋文知事は、「農業の肥料については1年で約80%上昇と、あり得ない増え方。ウクライナ侵攻や円安などさまざまな世界情勢があって急激な価格高騰があり、府としてはできる限り経済的な支援をしたい」と語った。

府ではこのほか、長期求職者などへの支援に4億円、コロナからの回復に向けた誘客促進の取り組みに2億円などの補正予算案を発表している。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本