バレエ界の巨匠・熊川哲也、3年ぶりに舞台上へ「時は有限」

2022.7.26 21:15

「Kバレエ カンパニー」を率いる熊川哲也、最新作『クレオパトラ』では5年ぶりに舞台復帰を果たす(26日・大阪市内)

(写真4枚)

日本のバレエ界の第一人者・熊川哲也が率いるカンパニー「Kバレエ」。その最新作『クレオパトラ』の秋上演に向け7月26日、大阪市内で取材会がおこなわれ、3年ぶりに熊川本人も出演することが明かされた。

■ 「世界初演はニヤケが止まらなかった」

『くるみ割り人形』や『白鳥の湖』、『海賊』など世界に残る古典作品だけでなく、「グランド・バレエ」に新たな歴史を刻むべく、完全オリジナル作品も手がける熊川。今回上演される『クレオパトラ』もそのひとつで、2017年の初演では「劇場界の事件だ」と脚光を浴びた作品が再び帰ってくることとなった。

「ゼロから創り上げたので、プレッシャーのかかる作品ということには間違いないです。音楽を探し当てて、掘り下げて、深く追求して・・・ストーリーは紀元前なので、『もはや妄想でもいいのかな?』というくらいの話をするわけですから。でも東京で世界初演を迎えたときは、興奮した記憶がありますね。ニヤケが止まらないってこういうことかって」

熊川が「ゼロから〜」と語ったように、まさに前例のないかつて世界3大美女と言われていたという伝説しか残っていない『クレオパトラ』が題材。当時作品を作るにあたって「情報もそこまでないし・・・なので、結局は壁画。見つめていたら、それが次第に動いているように見えてきて。それを踊りにしていったら作品になったという感じです」と、ダンサー脳だからこその製作プロセスを明かす。

大阪の観客は「求めてくる」から、そこを「説得・納得させるのが舞台」と話す熊川哲也(26日・大阪市内)

■ 「ピュアに舞台人としてそこに居られればいいな」(熊川)

そんな同作が世に産み落とされて早5年・・・今回で、3度目の上演を迎える。カンパニーのトップとして、演出や製作を担い、踊らない位置付けにあった熊川が今回は「キャスト」としても登場。その理由として「50歳を迎え、時は有限だな、と。これまで出方が難しかったというのはあって、出ないか・出るものを選ぶか、と言っていたんです。今回は気が向いたというわけで・・・」と明かした。

今回熊川が演じるのは、主人公・クレオパトラに翻弄されながらも、権力者として君臨するジュリアス・シーザー。意気込みとしては、「ピュアに舞台人としてそこに居られればいいな」と、作り手としてはもちろん、キャストとしての在り方についても語った。

『クレオパトラ』の大阪公演は11月3日、「フェスティバルホール」(大阪市北区)にて。昼公演はクレオパトラを飯島望未、夜公演は日高世菜が演じ、熊川は夜公演に出演予定。チケットは現在昼公演のみ販売しており、S席1万5000円ほか ※日高世菜の高は、はしごだか。

『クレオパトラ』

会場:フェスティバルホール(大阪府大阪市北区中之島2-3-18)
日時:11月3日(木・祝)※13:00と17:30
料金:(13:00の回)S席1万7500円、A席1万3000円、B席1万円、C席8000円、BOX席2万3000円、バルコニーBOX席(2席セット)3万5000円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本