大阪で白ネギがテーマの「粉もん祭」、異色のコラボパンも

2022.7.20 13:00

「鳥取白イカ・白ネギと白醤油の牛スジ焼きそば」(1080円)

(写真5枚)

粉もんグルメが味わえるイベント『コナモンはテッパン! With 境港』が、7月27日より「阪神梅田本店」(大阪市北区)で開催される。

2021年のイベント『お好み焼きだよ!広島VS大阪』に続き、2回目となる鉄板焼き企画。今回は、鳥取・境港とのタッグで、名産である白ネギを使った粉もんメニューが登場する。

境港のソウルフードで、牛肉のだし入り生地を薄く焼いたパリトロ食感の「チャンポン焼」(981円)の白ネギ入りや、境港で獲れる剣先イカと白ネギ、甘みのある白醤油を合わせた焼きそば「鳥取白イカ・白ネギと白醤油の牛スジ焼きそば」(1080円)など、同イベント限定メニューを楽しめる。

さらに、同百貨店のパン屋「ル・プチメック」と名物グルメ「元祖ちょぼ焼き本舗」がタッグを組んだ惣菜パンもスタンバイ。牛すじ肉とこんにゃくを甘辛く煮込んだ料理「ぼっかけ」を使った「ぼっかけタコサンド」(381円)と「タコ入り焼きそばパン」(451円)というユニークなコラボパンが販売されるという。

期間は8月1日まで、営業時間は朝10時〜夜8時。「阪神梅田本店」1階「食祭テラス」にて。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本