芸人引退&渡米のたむけん、寛平マラソンは「アメリカに行く子と」

2022.6.17 14:15

左からミサイルマン・西代洋、福本愛菜、間寛平、たむらけんじ、石田靖(17日・大阪市内)

(写真1枚)

お笑いタレント・間寛平主催の『淀川寛平マラソン』が2022年12月3・4日に大阪の「淀川河川公園」で開催される。その発表会見が6月17日、「吉本興業 大阪本社」(大阪市中央区)でおこなわれ、寛平をはじめ、ゲストで参加するたむらけんじらが登場した。

今回で10回目を迎える同大会。今回は節目を記念し、開催日を2日にスケールアップする。さらに「ありが10企画」として、過去好評だった駅伝の復活や新種目「ペアマラソン」も実施。また、キッチンカーの充実やアーティストによる生ライブなど、来場者全員が楽しめるイベントにしていくという。

オリジナルTシャツのデザインは、お笑いコンビ・女と男の和田が担当。「みんな背中を見て走るので、寛平師匠の顔をバックプリントに描きました。前に走っている人を抜かしたら、寛平師匠を走り抜かせた気分になるし」とこだわりを明かすと、たむらが「でもまた前に走っている人がおるから寛平師匠がおるんやろ? エンドレスやん」とツッコみ、会場の笑いを誘った。

また、新種目「ペアマラソン」はスタートからゴールまでの5キロの間、ずっと手を離さず走るというもの。「コロナ禍で人との距離ができてしまったから、走っている人も見ている人もハッピーになるように」と説明した寛平。かねてより50歳の節目(来年5月)で芸人を引退、その後はアメリカ進出を予定しているたむらは、「一緒にアメリカに行く子を見つけて、その子と手つないでは走ろかな・・・」と漏らしていた。

最後に寛平は、「今まで以上に盛り上げていきますので、よろしくお願いいたします!」とアピールした。『フジパンPresents 第10回記念 淀川寛平マラソン』の参加受付は6月18日深夜0時よりスタートする。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本