朝ドラ・賢秀の新ビジネスにSNS「紅茶豆腐、怪しすぎ」の声

2022.6.6 19:45

料理長の二ツ橋(高嶋政伸)の話に耳を傾ける比嘉暢子(黒島結菜)(C)NHK

(写真1枚)

連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)の第41回が6月6日に放送され、暢子が勤め先のレストランで順調な日々を送る一方、兄・賢秀が怪しい商売に手を染めるシーンが描かれた(以下、ネタバレあり)。

フォンターナで働き始めて3年目を迎え、前菜を任されるようになったヒロイン・暢子(黒島結菜)。ある日、暢子は道端で兄・賢秀(竜星涼)を見かける。賢秀は、かつて自分からお金をだまし取った男・我那覇(田久保宗稔)と手を組み、怪しげな商品「紅茶豆腐」を売りさばいていた。

沖縄時代、賢秀に儲け話を持ちかけてお金をだまし取った我那覇の再登場に、SNSでは「我那覇にまただまされてる~! それはビッグなビジネスではないよ」「えっ、ニーニーはこの商品を信じてるの?」「賢秀、詐欺の片棒担いでるんじゃなくて、大真面目に効能を信じて我那覇も信じてるのかよぉ・・・」と危機感を覚える人が多数。

また、賢秀と我那覇が売っていた「紅茶豆腐」を見て、「紅茶キノコの偽物?」「紅茶キノコを思い出す。70年代に怪しいブームがあった」「紅茶キノコは家庭で作るのが流行って、腹壊す人が出たような・・・」などの投稿が相次ぎ、ツイッターでは「紅茶豆腐」「紅茶キノコ」がともにトレンド入りした。

放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第42回では、オーナーの房子(原田美枝子)から命じられた暢子がとある店に出向く。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本