ナイナイ矢部、19年ぶりにMBS出演「新鮮で楽しかった」

2022.5.7 07:45

『ゼニガメ』(MBS)でMCを務める矢部浩之(左)、黒田有 (C)MBS

(写真4枚)

5月11日放送のお金情報バラエティー特番『ゼニガメ』(MBS)でMCを務めるナインティナイン・矢部浩之とメッセンジャー・黒田有が、収録後に感想を語った。

2003年3月まで放送された『タモリのグッジョブ! 胸張ってこの仕事』以来、MBSへの出演は19年ぶりとなる矢部。大阪での収録も久しぶりだといい、「楽しかったし、新鮮だった」とコメントした。

矢部が久々の大阪収録だった一方、大阪の放送局でレギュラー番組を2本もっている相方の岡村隆史に関しては、関西のお金事情をとことん掘りまくる番組内容にかけて「ゼニ稼いでますね〜」と、ニヤリとした矢部。

関西の番組への進出について訊かれ、「東京と大阪の区別はないので、声をかけていただけたらぜひ。でも相方がよく言う『矢部は東京に魂売った』とかのせい(で声がかからないの)かと。あと、たむけんにも『みんな先輩方が大阪で番組やってるので、兄さんはやめてください』と言われたり・・・」と漏らす場面も。

NSC卒業後すぐに東京に進出したため、大阪の芸人のことはあまり知らないという矢部。黒田からも「僕は1個下だから分かるけど、3個下、4個下になってくるともう分からへんと思う」と言われ、矢部自身も「NGK(なんばグランド花月)は緊張するもん。自分がそこにいたことが少ないから、なんかアウェー感がある」と、大阪出身とは思えない苦手意識を語った。

関西の儲かっている店や会社のビジネスのカラクリを紹介する『ゼニガメ』だが、矢部は「ゼニ好きですが、ガメではありません。使うところには使います。あまり節約とかはしないかな」と、自身の金銭感覚について語った。MC2人のほか、進行にNONSTYLE・石田明、ゲストに森泉、笑い飯・西田幸治が登場する。放送は5月11日・夜8時から。

取材・文/上地智

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本