ランペ岩谷、地元大阪でダンス指導「どれだけ食らいつけるか」

2022.5.6 19:15

後輩たちへ「全力ダンス」を熱く語るTHE RAMPAGE・岩谷翔吾(5日・大阪市内)

(写真11枚)

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマー・岩谷翔吾が5月5日、母校のダンススクール「EXPG STUDIO OSAKA」(大阪市西区)に来校。生徒たちにダンスを指導し、エールを送った。

■ THE RAMPAGEの高速ダンスを生徒らに伝授

小学5年生から同校へ通い、キッズダンサーとしても活躍していた岩谷。「昔は子どもらしい愛嬌のあるダンスをしていましたが、中学生になった途端に成人ダンサー枠になって。まだ体幹もしっかりしていないし、スキル面で大人に劣る部分があり、壁にぶちあたってしまいましたね」と、子どもと大人の狭間で葛藤した過去を振りかえる。

そんな自身の経験から提案した中学生限定のカリキュラム「EX Jr.コース」が、4月に東京校・大阪校で開講した。岩谷は「高校受験など分岐点になる時期でもあり、僕は1度ダンスから離れようかと思ったので。同じような悩みを抱えている中学生に、同世代だからこそ切磋琢磨でき、新しい刺激になるコースがあれば」ときっかけを明かし、「ここは僕を育ててくれた必要不可欠な場所で、自身の経験をいかした恩返しすることが使命」と、思いを話した。

レッスンでは、約30名の中学生受講者にTHE RAMPAGEの高速ダンスで知られる『PERFORMER’S D.N.A』を伝授。「肩で8の字を作るように!」など、より立体的に見える振りを伝授し、自身も汗だくになりながら指導。「全力が大事。手を抜くのは簡単だけど、キツイってなったときにどれだけ自分に食らいつけるか。ワンギア上げる感じを知っておくと、この先、いろんなことに生かせると思う」と熱く語り、生徒らも懸命なダンスで応えていた。

「EXPG STUDIO OSAKA」の「EX Jr.コース」の生徒らと記念写真を撮る岩谷翔吾(前列中央/5日・大阪市内)

■「限界突破した先の『感動』へいきたい」全国ツアー

レッスン前の取材では大阪校時代の思い出にも触れ、「メンバーの陣さんとは地元が近いので一緒にレッスンを受けたり、難波の『OCAT』の鏡張りのところで練習したことも。まさか将来同じグループになるとは思っていなかったので感慨深いですね」と、笑顔を見せた。

現在は4月に開幕した『RAY OF LIGHT』の全国ツアー中で、最近パフォーマンスへの向き合い方が変わったという岩谷。

「これまでは楽しいだけだったのが、THE RAMPAGEをあまり知らない方もいるなかで、人に伝えるのは生半可なことではないなと気づいた」と、ドーム公演での経験から学んだといい、「あと1cm高くジャンプすることで、もう1列奥の方にも肉眼で届く。『かっこいい』というその場の『熱狂』だけでなく、限界突破した先の『感動』へ、僕らはそこの域にいきたいです」と熱弁した。

関西でのライブは9月14日・15日に「大阪城ホール」(大阪市中央区)で開催される。

取材・文・写真/塩屋薫

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本