乃木坂・山下美月、朝ドラ初出演「今にも舞いあがりそう」

2022.4.13 08:45

舞の同級生・望月久留美役の山下美月(乃木坂46)(C)NHK

(写真11枚)

2022年度後期に放送される、NHK大阪放送局制作の連続テレビ小説『舞いあがれ!』。乃木坂46のメンバーで女優としても活躍する山下美月が、ヒロイン・舞の同級生を演じる。

朝ドラ『舞いあがれ!』は、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人との絆を育みながら、夢に向かうヒロインの挫折と再生の物語。東大阪市の町工場で生まれ育ったヒロイン・舞(福原遥)は大学で人力飛行機サークルに入ってつくり手として活動するが、ひょんなことからパイロットに転身することになり、自らが大空を飛ぶことを経験。大きな感動を覚え、旅客飛行機のパイロットを志す・・・という内容だ。

山下が演じるのは、舞の同級生・望月久留美(もちづき・くるみ)。幼い頃に両親が離婚して父子家庭で育ち、実業団のラグビー選手だった父がけがで失職したせいで経済的に貧しい子ども時代を過ごす。舞が気にかけてくれたのをきっかけに親友になるが、舞とは対照的に堅実な看護師の道を目指すようになる・・・という役柄だ。

今回が連続テレビ小説初出演となる山下。「多くの人の朝に光を照らし続けている連続テレビ小説に出演させていただけることが決まり、今にも舞いあがりそうな気持ちです。舞に寄り添いながらも、自身の困難に立ち向かっていく久留美のたくましさに私自身が勇気をもらっています。久留美と一緒に私自身も成長し、ご覧いただくみなさんに前向きで温かい風をお届けできるよう力で演じさせていただきます」と意気込みを語った。

山下のほか、舞の幼なじみ・貴司役に赤楚衛二、そして東大阪の人々として山口智充、くわばたりえ、古舘寛治、又吉直樹、松尾諭、たくませいこ、長崎・五島列島の人々として哀川翔、鈴木浩介、長濱ねるの出演が発表されている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本