りくりゅうペアの三浦璃来選手ら、大阪から大賞贈呈に笑顔

2022.4.12 06:30

前列左から山下栞選手、山下光選手、吉村洋文知事、三浦璃来選手、宮田将吾選手(4月11日・大阪府公館)

(写真5枚)

北京五輪で活躍した大阪ゆかりの選手に4月11日、大阪府が「感動大阪大賞」と「感動大阪賞」を贈呈。贈呈式には、フィギュアスケート団体で銅メダル、またペアでも日本初の8位入賞に輝いた三浦璃来(りく)選手ら4人の選手が参加した。

世界的レベルのスポーツ大会や催しなどで優秀な成績をあげ、かつ府民に深い感動を与えた人に贈呈される同賞。今回が五輪初出場でメダルを獲得した三浦選手は、「普段の試合とは違った緊張感のなかでしたが、私たちらしい演技でみなさまの心に残る演技ができ、本当にうれしく思います」と、感動大阪大賞の受賞に笑顔を見せた。

「りくりゅう」の愛称で呼ばれ、木原龍一選手とペアで活躍する三浦選手。「木原選手と信頼しあった演技ができたことが、私たちの成長につながった。4年後の五輪では個人戦でメダルを取れるようにがんばりたい」と来季への目標を語った。

なお、感動大阪賞にはアイスホッケー女子6位に入賞した姉妹の山下光・栞選手、スケートショートトラック5000mリレー8位入賞の宮田将吾選手が受賞。またこの日は都合により欠席したが、パラリンピックからもアルペンスキー・女子滑降立位および回転立位でともに8位入賞した神山則子選手と、スノーボードクロス・SB-LL2で8位入賞した岡本圭司選手にも贈呈された。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本